x-callback-urlを使ってみた


x-callback-urlとは?

iOSのアプリ間連携の仕様の一つみたいです。簡単に言うと、ディープリンクを行うためにカスタムURLスキームを利用するが、アプリ毎にバラバラな規則でURLスキームを設定するとアプリ間連携をスムーズに行うことができないため、どのような規則でURLスキームを設定するかを仕様としてまとめたのが、x-callback-urlみたいです。

http://x-callback-url.com/

iOSのディープリンク周りだと、AppleWWDC2015でApp Searchという機能が発表されてました。

https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/releasenotes/General/WhatsNewIniOS/Articles/iOS9.html#//apple_ref/doc/uid/TP40016198-DontLinkElementID_1

詳しく読んでませんが、Google検索用AppIndexing(https://developers.google.com/app-indexing/webmasters/?hl=ja)みたいな感じなのかなと思います。

Androidは?

x-callback-urlはiOS用の仕様のため、Androidも同じものがないか調べてみましたが見つからず。。。
厳密には違いますが、Android版は、さきほど登場したGoogle検索用AppIndexingでしょうか。
知っている人がいたら教えてください。

そもそもAndroidは、アプリからintentで別アプリを起動しても、戻るボタンでアプリに戻ることができるので、
そこまでの機能が必要ないのかもしれないです。

ただし、x−callback−urlで規定されているようなインターフェースは、
アプリ毎に異なってしまうため、同じような仕様が必要な気がします。

アプリの対応状況は?

そんなx-callback-urlですが、対応しているアプリは以下の通りです。

http://x-callback-url.com/apps/

有名どころだと、Evernote / Google Chrome / Google Maps / Tumblr for iOS / クックパッドのアプリが対応しているみたいです。

ちなみにFacebookやTwitterは、独自仕様です。

Facebook
https://developers.facebook.com/docs/applinks/overview
Twitter
https://dev.twitter.com/ja/cards/mobile

使ってみる

iOS版Chromeが対応しているということで、サンプルアプリを作って連携させてみました。

Opening links in Chrome for iOS
https://developer.chrome.com/multidevice/ios/links#enabling-a-callback-with-x-success
GoogleChrome/OpenInChrome
https://github.com/GoogleChrome/OpenInChrome.git

このgitに上がっているサンプルアプリのソースを元にswiftで写経しました。

ソースはここにあげました。
https://github.com/takuhou/x-callback-url

アプリのキャプチャはこんな感じ。

遷移

※なぜがアプリ名が表示されずnullになりました。

無事アプリからChromeを起動して、またアプリに戻ってこれました。

で、x−callback−urlの仕様はこんな感じ。

x−callback−url

Chromeのx−callback−url

考察

Facebook/Twitterは独自仕様、x−callback−urlという仕様が存在し、App Searchもあり、AppIndexingもあり、
ウェブtoアプリやアプリtoウェブも考えなければいけない。

これらを差分をまるっと吸収してくれる、ワンディープリンクソリューションがあれば嬉しいと思ったのは、
僕だけではないはずです。

というか既にあると思うので調べたほうがいいですね。

後、x-callback-urlを実装しているライブラリがあるので、これを使うと便利みたいです。
https://github.com/tapsandswipes/InterAppCommunication

x-callback-url対応アプリのIF

Evernote
https://github.com/evernote/evernote-ios-x-callback-url
GoogleMaps
https://developers.google.com/maps/documentation/ios/urlscheme
Tumblr for iOS
https://github.com/tumblr/TMTumblrSDK#url-schemes


DACエンジニア採用情報

  関連記事

no image
AWSにRailsアプリをデプロイする(準備編)

今回は、せっかくRailsで開発したアプリをAWS上に公開してみたいので その構築方法をまとめていきたいと思います。 (前回の記事:初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 ) AWSの設定はすでに社内で使用できるようになっていたので割愛します。 ★やりたいこと Gitlabでコ …

いまさらですが… GNU screen チートシート

最近はローカル環境で開発するようになってきたので、screen コマンドを使う機会も少なくなって来たような気がします。で、使ってないと忘れてしまうので、チートシートを作ってみました。 参照サイト GNU screen [quick_reference] 起動 コマンド 動作 screen -S &l …

fastavroとjqでAVRO形式のファイルからデータを取得しよう

AVRO形式のファイルを取り扱いたい AVROとはApacheプロジェクトのひとつとして開発されているデータ交換形式です。 コンパクトなバイナリで高速なシリアライズ・デシリアライズが行えるため、サーバーログなどに利用されています。 弊社内での一部システムのログデータにも利用されているのですが、専用の …

ゼロからAngularでSPAを作ってみた(3) CI: 継続的インテグレーション編

前回までのおさらいと今回やること 前々回(はじめてのアプリ編)と前回(デプロイ・公開編)で、作成した Angular のチャットアプリを Web に公開するところまでいきました。 でも、デプロイするのに、毎回決まったコマンドを打つのって面倒ですよね。 今回は GitHub でソースコードを管理して、 …

最強のSQLクライアント(GUIツール)「TeamSQL」を使ってみた!

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 エンジニアの皆さん、SQLクライアント(GUIツール)って何使ってます? わたくしはこ …

Android 非同期処理についてまとめてみた

Androidには、UIに影響を与えないよういくつか非同期処理が用意されています。 今回は非同期処理の代表的な ・Service ・IntentService ・HandlerThread について違いを踏まえながらまとめます! 非同期処理について(http://codezine.jp/articl …

modern.IEを使ってMac上でWindows10を動かす

Microsoftが提供している modern.IE というプロジェクトがある。そこで提供されている仮想環境を使って、MacにWindows10をインストールしてみる。ちなみに、このプロジェクトの本来の目的はInternet Explorerの表示確認やデバッグの支援。 VirtualBoxの準備 …

Scala入門 準備編「開発環境構築」 – PHP使いからScala使いへ転身!

  はじめに みなさんこんにちは、今月入社しましたプロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 XmediaOneの開発で採用しているプログラム言語はS …

【小ネタ】タスク管理ツール移行: Trello から Asana

  プロジェクトチームのタスク管理ツールを Trello から Asana に変えることになり、 タスクの移行が意外と簡単にできた、というお話です。 Trello と Asana もともと使っていたのは Trello(トレロ)です。 プロジェクト > タスクグループ > タスク …

kubernetes の全ノード上で同じコンテナを動かす

今回は、kubernetes上で同一コンテナを全ノードで動かす方法を紹介したいと思います。kubernetes自体の起動方法はここでは割愛します。 はじめに 以前、CoreOSのFleet上でmackerel-agentを動かすということを行いました。今回は、kubernetes上で同じようにクラス …