TypeScriptについてまとめてみた


はじめに

JavaScript がとりあえずそのまま動くので、雰囲気で使ってしまいがちな TypeScript。初心者向けに基本的なことをまとめてみました。

TypeScript って何?

TypeScript はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で、オープンソースでメンテナンスされています。分類としては altJS の一つ。JavaScript の不足している機能を改良した言語で、JavaScript に変換(コンパイル)して実行します。

CoffeeScript と何が違うの?

altJS といわれる言語には TypeScript のほかにも Ruby on Rails で使われている CoffeeScript などがあります。CoffeeScript とは何が違うのか、同じ処理を JavaScript(ECMAScript 5)、CoffeeScript、TypeScript で書いて比較してみます。

JavaScript(ECMAScript 5)

ECMAScript 5 までの JavaScript は class構文がないため、クラス定義に prototype を使う必要があり、オブジェクト指向プログラミングを行うには工夫が必要でした。

CoffeeScript

CoffeeScript だとクラス定義をすっきり書けますが、関数呼び出しやループが Ruby に近い書き方になっていて JavaScript とはだいぶ違っています。

TypeScript

TypeScript では JavaScript のコードをそのまま使えます。ループや条件分岐、関数呼び出しなどの JavaScript の構文はそのままで、それに追加して静的型付けやクラス宣言ができるようになっています。

JavaScript と何が違うの?

TypeScript を使う一番のメリットは、間違った型の代入を防げること(静的型付け)です。

JavaScript

JavaScript では変数の型を指定することができないため、数値として使っている変数(count)に文字列("Steve")を代入することができてしまいます。

TypeScript

TypeScript では、変数の型(number)を指定することができるので、数値として使っている変数(count)に文字列("Steve")を代入すると、コンパイルエラーとして指摘されます。

実は、このコロン(:)を使った静的型付けは JavaScript の仕様である ECMAScript 4 で提案されていたのですが、ECMAScript 4 はお蔵入りとなってしまいました……なので、JavaScript で型チェックを行いたい場合は TypeScript などの altJS が必要になるのです。

また、TypeScript 独自の型情報は JavaScript にコンパイルすると消えてしまいます(型消去)。

TypeScript(コンパイル前)

JavaScript(コンパイル後)

コンパイル後のコードを見ると、インタフェース(IMessage)は定義から綺麗さっぱり無くなっていて、コロン(:)の後ろにある型情報も無くなっています。

ECMAScript 6 と何が違うの?

class構文によるクラスの定義など TypeScript のいくつかの機能は ECMAScript 6(ECMAScript 2015)を先取りしたものです。TypeScript から JavaScript へのコンパイル時にはターゲットとして ECMAScript 3、5、6(2015)、2016、2017 が指定できて、それぞれ変換結果が異なります。

TypeScript

JavaScript(ECMAScript 5 をターゲットにしてコンパイルした結果)

JavaScript(ECMAScript 6 をターゲットにしてコンパイルした結果)

ターゲットを変えてコンパイルすると、型消去が行われている点は同じなのですが、class構文や letconst、アロー構文、テンプレートリテラルなど ECMAScript 6 標準の機能の変換の有無で違いが出ています。また ECMAScript 5 では thislet で定義された変数のスコープを配慮して変数名が変更されていることもわかります。

ECMAScript 6 の機能に加えて静的型付けなどが使えて、ECMAScript 5 しか対応していないブラウザ向けにも変換できるのが TypeScript ということですね。

動かしてみる

簡単に実行するには TypeScript Playground を使ってブラウザで確認できます。
ローカルで実行する場合は npm で tsc コマンドをインストールして TypeScript のファイルを JavaScript に変換(コンパイル)できます。

統合開発環境としては Visual Studio Code が便利です。

参考

※ DACはエンジニアを募集しています! 興味のある人はバナー(↓)からどうぞ


DACエンジニア採用情報

  関連記事

D3.jsとその活用事例について

D3.jsとは? D3とは「Data Driven Document」の略で、データに基づいてドキュメントを操作するための JavaScript ライブラリです。 ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとだけD3.jsの基本的な使い方、そして弊社プラットフォームでの利用についてご紹介したいと思います。 …

no image
Polymer on Rails

Web Componentsをご存知だろうか。これが普及すればWebの開発は画期的に変わるだろう。 説明すると長くなるので、LIGさんのにその辺はお任せして。(この記事読んでください。) 簡単に言えば、下記にあるような新たに提案されたブラウザ向けAPIの総称。 Custom Elements, 説明 …

Scala番外編「Boxに保存したファイルをBox APIを使ってダウンロードしよう!」

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 Box APIを使う背景・目的 DACはメディアレップです メディアレップとは、インタ …

プログラミング初心者がswiftでゲームアプリ的なものを作ってみた。

こんにちは、DAC2年目のkumataです。 普段は素敵な先輩方に囲まれてインフラ周りのお仕事をさせて頂いていますが、 今回は業務とは全く関係ないプログラミングをやってみました。 全く初心者なのですが、swift+Xcodeで簡単にスマホゲーム的なものが作れました。 初心者の目線から作成方法をつらつ …

no image
gulp.jsで広告タグの開発環境を整える

SEOの観点から、サイト表示速度の高速化のためJavaScriptファイルから不用な空白や改行、 コメントを除去したりやローカル変数名を短縮するminifyが奨励されていますが、 これはタスクランナーのgulp.jsとプラグインを使って自動化する事が可能です。 ※gulpの基本的な使い方については下 …

Scala入門 基礎編「Scalaの書き方を理解しよう」 – PHP使いからScala使いへ転身!

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 さて、今回はScala入門第二弾として、Scalaの書き方を紹介する基礎編をお送りしま …

Android 非同期処理についてまとめてみた

Androidには、UIに影響を与えないよういくつか非同期処理が用意されています。 今回は非同期処理の代表的な ・Service ・IntentService ・HandlerThread について違いを踏まえながらまとめます! 非同期処理について(http://codezine.jp/articl …

【小ネタ】JSで要素の組み合わせを列挙する

下記のような、キーの数や要素数が可変のデータの組み合わせを、列挙するjavascriptコードです。 pythonにはitertoolなどの順列・組み合わせ計算を行う定番ライブラリがあるようです。 やっている事ですが、イメージとしては組み合わせを数列に置き換えています。 1桁目が2進数、3桁目が3進 …

Selenium × PHP でテスト自動化!【環境構築編】

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 テスト自動化の背景 わたくしが担当するXmediaOneでは品質担保のために①コードベ …

【未経験からのRuby on Rails – 第3回】変数と定数

こんにちは。新卒1年目のmatsuariです。 今回はRubyに限らずプログラミングを学ぶ上で非常に重要となる「変数と定数」について、ご紹介していきます。 変数とは・・・ オブジェクトを一時的に格納しておく箱で、オブジェクトを識別するために利用します。 言葉だけでは理解が難しいかと思いますので、まず …