Qiita Team API と Google Spread Sheet でチーム日報を生成する


チーム日報を活用する

MarketOne 開発チームでは複数拠点に分かれての開発を行っています。リモート開発が中心となると口頭でのコミュニケーションに限界があるため、テキストベースのコミュニケーションの比重が高い状態にあります。

チケットシステムやソースコード管理ツール上の議論はもちろんおこなっているのですが、日報や議事メモによるインフォーマルな情報共有についても日々の進捗や課題の可視化に役立つため、 Qiita Team にそれらの文章を公開してもらうようにしています。Qiita Team では Markdown 形式でリッチな HTML をプレビューしながら書くことができます。

これらの文章は個々に探していけば読めるのではあるのですが、前日に行われた MarketOne チーム全体の進捗を俯瞰で共有しながら朝会を行うために、「チーム日報」という形でまとめることを考えました。チーム日報をまとめるために毎回手動でコピペしてくるのも面倒ですし、非生産的です。Qiita Team にはAPIが公開されているため、こちらを利用して個々の日報を取得するようにしてみました。

Qiita Team API を利用する

Qiita Team APIの仕様はこちらに公開されています(※現在はv2まで公開)。

まずは「設定」 → 「アプリケーション」からアクセストークンを生成します。OAuth認証などの仕組みも用意されているため、作成するアプリケーションに応じて適切な認証が利用できます。

Google Spread Sheet でプログラミング

今回はGoogle Spread Sheet 上に Markdown 形式でチーム日報を生成するようにします。Google Spread Sheet には Google App Script と呼ばれるサーバーサイドの JavaScript が用意されており、APIから取得した結果を成形しながらスプレッドシートに反映することができます。

Google Spread Sheet 上の「ツール」→「スクリプトエディタ」から Google App Script を起動します。

Google Spread Sheet で Qiita API を使ってみる

まずは API を利用するための関数を作成しましょう。

http ヘッダに Authorization  Bearer {api_token}をセットすることで認証を行い、指定したリソースにクエリを発行してレスポンスを取得します。

チームの日報を取得する関数を作成

いよいよ Qiita Team からMarketOneに関係する日報を取得します。Qiitaチームでエントリを取得するには以下のリクエストを行います。

{api_endpoind}/items?query={検索条件}&sort={ソート項目}

今回ほしい条件は、 MarketOneチームのメンバー AND タグに「日報」を設定 AND 1日前のエントリ です。これをクエリストリングで表現すると以下の通りとなります。

user:{ユーザー名1} tag:日報 created:>-1d OR user:{ユーザー名2} tag:日報 created:>-1d

()による優先順位制御が行えれば、 tag:日報 と created:>-1d は一回でよいのですが、Qiita Team API では優先順位制御が行えないため、すべてのユーザーに対してこれらのAND条件を付与しています。またグループメンバーを取得するAPIもないため、get_group_members は単純な該当するユーザー名配列をそのまま返すようにしています。

検索条件では前日の日報を絞り込みこめなかったため、タイトルの正規表現でさらにフィルタしたJSONを生成します。

JSON を Google Spread Sheet に反映

つづいて指定したカラム名の配列で Markedown 形式でテーブルを表現する文字列を生成する関数を実装します。

そして、生成した JSON から以下のように任意の情報を取得して成形することで前日分の日報をサマリしたチーム日報を生成することができます。

 

さらに本文からMarkedownの「本日の作業内容」段落を取得します

黒魔術的な正規表現になってしまいましたが、やっているのは日報テンプレートの #本日の作業内容 と次の # 始まりの見出しまでの「改行を含む任意文字」を取得し、テーブル要素内で改行するために改行コードを <br/> タグに変換することです。

まとめ

以上の手順でメンバーの日報をまとめてチーム日報を生成するスクリプトが作成できました。あとは要件に応じて取得クエリや取得内容を調整できます。今回は Qiita Team APIを活用して手作業を減らす方法についてご紹介しましたが、MarketOneをはじめとするその他のサービスについてもAPIが公開されるようになってきています。APIを通じて必要な情報を自動でまとめる仕組みを作ることで、手間なく全体の状況をつかめるダッシュボードが作成できるようになるため試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


DACエンジニア採用情報

  関連記事

【未経験からのRuby on Rails – 第3回】変数と定数

こんにちは。新卒1年目のmatsuariです。 今回はRubyに限らずプログラミングを学ぶ上で非常に重要となる「変数と定数」について、ご紹介していきます。 変数とは・・・ オブジェクトを一時的に格納しておく箱で、オブジェクトを識別するために利用します。 言葉だけでは理解が難しいかと思いますので、まず …

D3.jsとその活用事例について

D3.jsとは? D3とは「Data Driven Document」の略で、データに基づいてドキュメントを操作するための JavaScript ライブラリです。 ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとだけD3.jsの基本的な使い方、そして弊社プラットフォームでの利用についてご紹介したいと思います。 …

no image
Polymer core-ajax の使い方

Polymerのcore-ajaxの使い方。 まずは、index.html [code language=”html” title=”index.html”] <!doctype html> <html> <head&gt …

no image
【小ネタ】Javascriptのconsoleオブジェクトをもっと便利に使う方法

すごく便利なconsoleオブジェクトですが、ブラウザによってサポートされているメソッドが なかったり、そもそもconsoleオブジェクトが使えなかったりと、たまに不便だったりします。 そんなときによく使う便利なコード。 [code language=”javascript” …

プログラミング初心者がswiftでゲームアプリ的なものを作ってみた。

こんにちは、DAC2年目のkumataです。 普段は素敵な先輩方に囲まれてインフラ周りのお仕事をさせて頂いていますが、 今回は業務とは全く関係ないプログラミングをやってみました。 全く初心者なのですが、swift+Xcodeで簡単にスマホゲーム的なものが作れました。 初心者の目線から作成方法をつらつ …

ナイーブベイズで羽生さんと羽生くんを分類してみた

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 機械学習についての理解を促進するため、 データから分類モデルを自動で構築する古典的な方法である、 ナイーブベイズ分類器を実装してみました。 最近はCloudVisionAPIなど専ら画像解析が流行っていますが、 自分のような初学者には敷居が高そうだっ …

PyStanによるはじめてのマルコフ連鎖モンテカルロ法

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 社内で行っている『データ解析のための統計モデリング入門』(所謂緑本)の輪読会に参加した所、 大変わかりやすい本だったものの、Macユーザには悲しい事に実装サンプルがWinBUGSだったため、 9章の一般化線形モデルのベイズ推定によるアプローチをPyt …

【未経験からのRuby on Rails – 第4回】Railsアプリケーション開発をしよう! 〜開発の準備編〜

こんにちは。新卒のmatsuariです。 Rubyについてまだまだ知るべきことはたくさんありますが、とにかく早くアプリを作りたい! ということで、今回はアプリ開発の準備に取り掛かっていきます。 Rubyはアプリを作成しながら、同時に学んでいきたいと思います。 Railsアプリケーション開発の準備《 …

iOS端末情報をTreasureDataに送るアプリをswiftで作ってみた。

はじめまして、2年目のOyamanです。 通常業務とは別のことになりますが、Swiftに触れる機会が少しあったので、スマホ関連の記事を書かせていただきます。 はじめに SwiftとTreasureDataのSDKを使って、 iOSの端末情報をTreasureDataへ送るアプリを作ってみます。 今回 …

ECMAScript6を使ってみた ~「Promise」編

ECMAScript6とは 一応ちょっとだけ説明しておくと、 ECMAScript(エクマスクリプト)は、Ecma Internationalによって標準化されたスクリプト言語で、バージョン6が2015 年 6 月 17 日に標準仕様として発行されました。(以下、ES6と呼びます) ES6ではcon …