fastavroとjqでAVRO形式のファイルからデータを取得しよう

     - ビッグデータ, 未分類, 開発ツール  


AVRO形式のファイルを取り扱いたい

AVROとはApacheプロジェクトのひとつとして開発されているデータ交換形式です。 コンパクトなバイナリで高速なシリアライズ・デシリアライズが行えるため、サーバーログなどに利用されています。

弊社内での一部システムのログデータにも利用されているのですが、専用のバイナリ形式であるため、テキストエディタで内容を確認することができません。そこで今回はPythonを用いてAVRO形式のデータを変換して内容を確認する方法を紹介します。

fastavroのインストール

Pythonからavroを取り扱うためには、fastavroをインストールする必要があります。仮想環境を作成して、fastavroをインストールします。

※今回はPython 3.6.0環境で作業を行っています。

[code lang=text]
$ mkdir avro
$ python3 -m venv avro/
$ cd avro/
$ . bin/activate
(avro) $ pip3 install fastavro
[/code]

fastavroを活用してjson形式に変換

以下のプログラムでJSON形式として文字列を出力させます。

[code lang=python]
import sys
import fastavro as avro
import json

if (len(sys.argv) != 2):
sys.stderr.write('usage: python test.py {filename}n')
exit(2)

with open(sys.argv[1], 'rb') as fo:
for recode in avro.reader(fo):
print(json.dumps(recode), flush=True)

[/code]

利用法

[code lang=text]
$ python3 test.py testlog.avro > out.json
[/code]

jqをもちいてjson形式のファイルから値を取得

以上までで avro 形式のファイルを json 形式に変換できました。JSON形式のファイルは jq コマンドを用いることで特定の値を取得することができます。各環境にあわせて jq コマンドをインストールします。

[code lang=text]
# mac では homebrew でインストールする
$ brew install jq
[/code]

以下のような構造のログから jq コマンドを用いて各ログにあるipアドレスを取得します。

[code lang=text]
{"request": {"datetime": "2017-02-03 00:00:00", "ip": "10.0.xxx.xxx", ……
{"request": {"datetime": "2017-02-03 00:00:01", "ip": "10.0.xxx.xxx", ……
[/code]

-rをオプションを用いると、文字列のクォーテーションを除去してくれます。

[code lang=text]
$ jq -r '.request.ip' out.json
10.0.1.xxx
10.0.2.xxx
10.0.1.xxx
10.0.2.xxx
[/code]

パイプラインを繋げてソートと重複除去を行うことでIPアドレスの一覧を作成します

[code lang=text]
$ jq -r '.request.ip' out.json | sort | uniq
10.0.1.xxx
10.0.2.xxx
[/code]

まとめ

fastavroとjqでAVRO形式のファイルからデータを取得する方法を紹介しました。fastavroを用いてAVROのJSON化を行うことでTreasureDataに格納したり、jq コマンドから取り扱うことが可能となります。AVRO形式のログファイルを扱っている場合には今回紹介した方法をためしてみてはいかがでしょうか。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

no image
いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」

こんにちは。 ビッグデータ解析部のakiです。 解析部で、Markezineでの連載をはじめましたのでご紹介です。 いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」、ビッグデータ活用の課題とこれから (http://markezine.jp/article/detail/21293) マーケターのかた向け …

ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

no image
AWSにRailsアプリをデプロイする(準備編)

今回は、せっかくRailsで開発したアプリをAWS上に公開してみたいので その構築方法をまとめていきたいと思います。 (前回の記事:初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 ) AWSの設定はすでに社内で使用できるようになっていたので割愛します。 ★やりたいこと Gitlabでコ …

Vagrantの機能を使って開発環境の効率をあげてみた。

プラットフォーム・ワンのシステムの運用・保守担当のエンジニアです。 保守の仕事に関わると、 ユーザからのお問い合わせだったり、監視アラートによる検知から システムを調査することがあります。 ログとソースコードを見て、不具合を特定し改修する。 すぐできればカッコいいですが、 「本番環境に反映して別のエ …

ゼロからAngularでSPAを作ってみた(1) はじめてのアプリ編

はじめに Single Page Application (SPA)って知っていますか? Webサイトでコンテンツのリンクをクリックした時に妙に表示が早いな〜というとき、実はページを移動するのではなくてページの一部のみを書き換えていたりします。 こういったサイトの作り方を Single Page A …

Android 非同期処理についてまとめてみた

Androidには、UIに影響を与えないよういくつか非同期処理が用意されています。 今回は非同期処理の代表的な ・Service ・IntentService ・HandlerThread について違いを踏まえながらまとめます! 非同期処理について(http://codezine.jp/articl …

【HTML5】4ツール出力ファイルサイズ比較

こんにちは、近江です。 前回もHTML5のSwiffyについて書かせて頂きましたが、まだまだHTML5について調査しています。 今回はSwiffyを含めた4つのHTML5系ツールで、同じ素材で同じアニメーションを作成した時のファイルサイズを比較したいと思います。 何故ファイルサイズの比較をするかと言 …

トレジャーデータの新機能「Data Connector」でクライアントレスなビッグデータ連携を実現する

トレジャーデータは、スキーマレスな大量のデータ(ビッグデータ)をパブリッククラウド上に保管して集計や抽出をするためのサービスなのですが、他システムからの連携データをトレジャーデータのテーブルに格納するまでが一苦労でした。 他システムとの外部連携を行う場合、一般的にローカルサーバー内のストレージを外部 …

GoogleスプレッドシートからTreasureDataへデータを取り込む

AudienceOneの開発を担当しています。skryoです。 またまたTreasureDataネタですが、今回はGoogleスプレッドシートからGoogleAppsScriptを使ってTreasureDataへデータを取り込む手順を紹介したいと思います。 なぜ? Googleスプレッドシート上でマ …

no image
Treasure Dataで長期間の集計

プラットフォーム・ワン T氏です。プラットフォーム・ワンでは、DSPのMarketOneとSSPのYIELD ONE提供しています。 MarketOneやYIELD ONEのログを調査する場合にTreasure Dataを使うことがあります。Treasure Dataでは大量のデータに対してHive …