初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 -


こんにちは、2年目のYukaです。

開発部所属でありながら実は、、

実際に自分で手を動かして開発する機会がなかなかありませんでした。。

しかしついに、、、

開発初心者がRailsでWebアプリの開発に挑戦します!!

今回のゴールは社内でも使用しているGoogleアカウントで簡単にログインができるように




”devise + omniauth-google-oauth2の組み合わせでログイン画面を作成すること”



っです!

まずはdeviseのインストールからやってみます。

Gemfileにdevise用のgem追記し保存

ターミナルにてdeviseインストール

データベースに必要なカラムの追加

:omniauthableを追記しOmniAuthを有効にし、self.find_for_google_oauth2 メソッドを追加

/app/models/user.rb

ログイン設定したいHTMLにリンクを設定する

Google側での設定

https://console.developers.google.com/project

上記URLにログインする

Client IDの取得

1. 新規プロジェクトの作成

2. Google Apps API、Contacts APIを有効にする

Google_console_library

3. 認証情報を作成、OAuthクライアントIDを選択

4. アプリケーションの種類、ウェブアプリケーションを選択

5. 承認済みのリダイレクト URIに下記追加

Google_console_authinfo

Client IDとClient secretを追記する

config/secrets.yml

config/initializers/devise.rb

 

ルートにもdevise用に定義

config/routes.rb

コールバックで呼び出されるコントローラーの定義

app/controllers/配下にusersディレクトリを作成

app/controllers/users/omniauth_callbacks_controller.rb

rails serverを起動

今回はポートを8081に指定して起動する
rails s -p 8081

ブラウザで対象のページを確認

http://localhost:8081/home/index

 

view:home:index.erb

 

Googleのログインページにリダイレクトされる

 

Google_auth

 

Googleアカウントでログインしてみる。

devise_signin

デフォルトのviewファイルが呼ばれている!!

カスタマイズしたい。。。。

その場合は、

デフォルトのviewをusers配下にコピーする

これで対象のファイルを変更することが可能です!

以上でdeviseを用いてGoogleアカウントでのユーザー認証が可能となります。

参考URL

https://github.com/plataformatec/devise

http://www.ohmyenter.com/rails-4-1-devise-omniauth-google-oauth2-%E3%81%A7%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A3%85%E3%81%99%E3%82%8B/


DACエンジニア採用情報

  関連記事

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-GREEN_YO20140125-thumb-1000xauto-16638
クラウド電話API “Twilio”で起こされてみた

どうも、開発部のクラヴマガです。 弊社サービスも最近はAWSの様なクラウド環境でサービスを構築することが多くなりました。 そこで問題になるのが、障害などによる深夜対応・・・。 データセンターに物理サーバをおいていた頃は、データセンターから障害発生時に 電話連絡をもらっていたのですが、クラウド環境では …

tf
ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

スクリーンショット 2015-07-31 16.38.02
【未経験からのRuby on Rails – 第2回】Rubyのプログラムを書いてみる(Mac)

こんにちは。新卒1年目のmatsuariです。 前回はRubyとは何か、簡単にご紹介をしましたが、 今回は実際にRubyファイルを作成して、プログラムを書いてみるところまでご紹介していけたらと思います。 Mac環境のプログラミング初心者向けです。 はじめに、Rubyのプログラムを書くためのファイルを …

curry
【小ネタ】JSで要素の組み合わせを列挙する

下記のような、キーの数や要素数が可変のデータの組み合わせを、列挙するjavascriptコードです。 pythonにはitertoolなどの順列・組み合わせ計算を行う定番ライブラリがあるようです。 やっている事ですが、イメージとしては組み合わせを数列に置き換えています。 1桁目が2進数、3桁目が3進 …

Libra
【HTML5】4ツール出力ファイルサイズ比較

こんにちは、近江です。 前回もHTML5のSwiffyについて書かせて頂きましたが、まだまだHTML5について調査しています。 今回はSwiffyを含めた4つのHTML5系ツールで、同じ素材で同じアニメーションを作成した時のファイルサイズを比較したいと思います。 何故ファイルサイズの比較をするかと言 …

スクリーンショット 2015-05-29 6.49.13
Vagrantの機能を使って開発環境の効率をあげてみた。

プラットフォーム・ワンのシステムの運用・保守担当のエンジニアです。 保守の仕事に関わると、 ユーザからのお問い合わせだったり、監視アラートによる検知から システムを調査することがあります。 ログとソースコードを見て、不具合を特定し改修する。 すぐできればカッコいいですが、 「本番環境に反映して別のエ …

no image
gulp.jsで広告タグの開発環境を整える

SEOの観点から、サイト表示速度の高速化のためJavaScriptファイルから不用な空白や改行、 コメントを除去したりやローカル変数名を短縮するminifyが奨励されていますが、 これはタスクランナーのgulp.jsとプラグインを使って自動化する事が可能です。 ※gulpの基本的な使い方については下 …

no image
Angular.jsのvalueとfactoryの違いを考える

次のようなHTMLがあったとする。 valueとfactoryの違いを考える valueもfactoryもcontrollerから利用する値やfunctionを登録しておくのに使う。そのようなcontrollerの外部に登録されているfunction等をサービスと呼ぶ。たとえば、下記のようにplus …

swift
iOS端末情報をTreasureDataに送るアプリをswiftで作ってみた。

はじめまして、2年目のOyamanです。 通常業務とは別のことになりますが、Swiftに触れる機会が少しあったので、スマホ関連の記事を書かせていただきます。 はじめに SwiftとTreasureDataのSDKを使って、 iOSの端末情報をTreasureDataへ送るアプリを作ってみます。 今回 …

logos
【小ネタ】タスク管理ツール移行: Trello から Asana

  プロジェクトチームのタスク管理ツールを Trello から Asana に変えることになり、 タスクの移行が意外と簡単にできた、というお話です。 Trello と Asana もともと使っていたのは Trello(トレロ)です。 プロジェクト > タスクグループ > タスク …