初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 –


こんにちは、2年目のYukaです。

開発部所属でありながら実は、、

実際に自分で手を動かして開発する機会がなかなかありませんでした。。

しかしついに、、、

開発初心者がRailsでWebアプリの開発に挑戦します!!

今回のゴールは社内でも使用しているGoogleアカウントで簡単にログインができるように




”devise + omniauth-google-oauth2の組み合わせでログイン画面を作成すること”



っです!

まずはdeviseのインストールからやってみます。

Gemfileにdevise用のgem追記し保存

ターミナルにてdeviseインストール

データベースに必要なカラムの追加

:omniauthableを追記しOmniAuthを有効にし、self.find_for_google_oauth2 メソッドを追加

/app/models/user.rb

ログイン設定したいHTMLにリンクを設定する

Google側での設定

https://console.developers.google.com/project

上記URLにログインする

Client IDの取得

1. 新規プロジェクトの作成

2. Google Apps API、Contacts APIを有効にする

Google_console_library

3. 認証情報を作成、OAuthクライアントIDを選択

4. アプリケーションの種類、ウェブアプリケーションを選択

5. 承認済みのリダイレクト URIに下記追加

Google_console_authinfo

Client IDとClient secretを追記する

config/secrets.yml

config/initializers/devise.rb

 

ルートにもdevise用に定義

config/routes.rb

コールバックで呼び出されるコントローラーの定義

app/controllers/配下にusersディレクトリを作成

app/controllers/users/omniauth_callbacks_controller.rb

rails serverを起動

今回はポートを8081に指定して起動する
rails s -p 8081

ブラウザで対象のページを確認

http://localhost:8081/home/index

 

view:home:index.erb

 

Googleのログインページにリダイレクトされる

 

Google_auth

 

Googleアカウントでログインしてみる。

devise_signin

デフォルトのviewファイルが呼ばれている!!

カスタマイズしたい。。。。

その場合は、

デフォルトのviewをusers配下にコピーする

これで対象のファイルを変更することが可能です!

以上でdeviseを用いてGoogleアカウントでのユーザー認証が可能となります。

参考URL

https://github.com/plataformatec/devise

http://www.ohmyenter.com/rails-4-1-devise-omniauth-google-oauth2-%E3%81%A7%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A3%85%E3%81%99%E3%82%8B/


DACエンジニア採用情報

  関連記事

Scala入門 基礎編「Scalaの書き方を理解しよう」 – PHP使いからScala使いへ転身!

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 さて、今回はScala入門第二弾として、Scalaの書き方を紹介する基礎編をお送りしま …

プログラミング初心者がswiftでゲームアプリ的なものを作ってみた。

こんにちは、DAC2年目のkumataです。 普段は素敵な先輩方に囲まれてインフラ周りのお仕事をさせて頂いていますが、 今回は業務とは全く関係ないプログラミングをやってみました。 全く初心者なのですが、swift+Xcodeで簡単にスマホゲーム的なものが作れました。 初心者の目線から作成方法をつらつ …

読み方がわからない技術用語 2015

英語圏での読み方を基本的には参考にしています。英語圏でも複数の読み方をしているケースもあるようなので、あくまでも参考程度。2015と書きながら、古い言葉も混じってますが。 async – えーしんく Alt – おると ASUS – えいすーす bower &#8 …

Vagrantの機能を使って開発環境の効率をあげてみた。

プラットフォーム・ワンのシステムの運用・保守担当のエンジニアです。 保守の仕事に関わると、 ユーザからのお問い合わせだったり、監視アラートによる検知から システムを調査することがあります。 ログとソースコードを見て、不具合を特定し改修する。 すぐできればカッコいいですが、 「本番環境に反映して別のエ …

【未経験からのRuby on Rails – 第4回】Railsアプリケーション開発をしよう! 〜開発の準備編〜

こんにちは。新卒のmatsuariです。 Rubyについてまだまだ知るべきことはたくさんありますが、とにかく早くアプリを作りたい! ということで、今回はアプリ開発の準備に取り掛かっていきます。 Rubyはアプリを作成しながら、同時に学んでいきたいと思います。 Railsアプリケーション開発の準備《 …

【クラウド初心者向け】Google Cloud Platform(GCP)でWebサイトを公開してみよう!

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 背景 わたくしは最近プライベートで開発したWebサービスをインターネット上に公開しまし …

【HTML5】4ツール出力ファイルサイズ比較

こんにちは、近江です。 前回もHTML5のSwiffyについて書かせて頂きましたが、まだまだHTML5について調査しています。 今回はSwiffyを含めた4つのHTML5系ツールで、同じ素材で同じアニメーションを作成した時のファイルサイズを比較したいと思います。 何故ファイルサイズの比較をするかと言 …

自社サービスのDocker化(後編)

こんにちは。 インフラ開発部の上田です。 前回、前編としてDockerについて書き、早半年も経ちました。 前編はこちらです 今回は後編として、以下について書いてみたいと思います。 ■複数プロセス起動 前編で書いた通り、通常のOS起動時とは異なり、コンテナ上で個別にプロセスを起動する必要があります。 …

【小ネタ】タスク管理ツール移行: Trello から Asana

  プロジェクトチームのタスク管理ツールを Trello から Asana に変えることになり、 タスクの移行が意外と簡単にできた、というお話です。 Trello と Asana もともと使っていたのは Trello(トレロ)です。 プロジェクト > タスクグループ > タスク …

no image
AWSにRailsアプリをデプロイする(準備編)

今回は、せっかくRailsで開発したアプリをAWS上に公開してみたいので その構築方法をまとめていきたいと思います。 (前回の記事:初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 ) AWSの設定はすでに社内で使用できるようになっていたので割愛します。 ★やりたいこと Gitlabでコ …