初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 –


こんにちは、2年目のYukaです。

開発部所属でありながら実は、、

実際に自分で手を動かして開発する機会がなかなかありませんでした。。

しかしついに、、、

開発初心者がRailsでWebアプリの開発に挑戦します!!

今回のゴールは社内でも使用しているGoogleアカウントで簡単にログインができるように




”devise + omniauth-google-oauth2の組み合わせでログイン画面を作成すること”



っです!

まずはdeviseのインストールからやってみます。

Gemfileにdevise用のgem追記し保存

ターミナルにてdeviseインストール

データベースに必要なカラムの追加

:omniauthableを追記しOmniAuthを有効にし、self.find_for_google_oauth2 メソッドを追加

/app/models/user.rb

ログイン設定したいHTMLにリンクを設定する

Google側での設定

https://console.developers.google.com/project

上記URLにログインする

Client IDの取得

1. 新規プロジェクトの作成

2. Google Apps API、Contacts APIを有効にする

Google_console_library

3. 認証情報を作成、OAuthクライアントIDを選択

4. アプリケーションの種類、ウェブアプリケーションを選択

5. 承認済みのリダイレクト URIに下記追加

Google_console_authinfo

Client IDとClient secretを追記する

config/secrets.yml

config/initializers/devise.rb

 

ルートにもdevise用に定義

config/routes.rb

コールバックで呼び出されるコントローラーの定義

app/controllers/配下にusersディレクトリを作成

app/controllers/users/omniauth_callbacks_controller.rb

rails serverを起動

今回はポートを8081に指定して起動する
rails s -p 8081

ブラウザで対象のページを確認

http://localhost:8081/home/index

 

view:home:index.erb

 

Googleのログインページにリダイレクトされる

 

Google_auth

 

Googleアカウントでログインしてみる。

devise_signin

デフォルトのviewファイルが呼ばれている!!

カスタマイズしたい。。。。

その場合は、

デフォルトのviewをusers配下にコピーする

これで対象のファイルを変更することが可能です!

以上でdeviseを用いてGoogleアカウントでのユーザー認証が可能となります。

参考URL

https://github.com/plataformatec/devise

http://www.ohmyenter.com/rails-4-1-devise-omniauth-google-oauth2-%E3%81%A7%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A3%85%E3%81%99%E3%82%8B/


DACエンジニア採用情報

  関連記事

no image
AWSにRailsアプリをデプロイする(準備編)

今回は、せっかくRailsで開発したアプリをAWS上に公開してみたいので その構築方法をまとめていきたいと思います。 (前回の記事:初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 ) AWSの設定はすでに社内で使用できるようになっていたので割愛します。 ★やりたいこと Gitlabでコ …

ECMAScript6を使ってみた ~「Promise」編

ECMAScript6とは 一応ちょっとだけ説明しておくと、 ECMAScript(エクマスクリプト)は、Ecma Internationalによって標準化されたスクリプト言語で、バージョン6が2015 年 6 月 17 日に標準仕様として発行されました。(以下、ES6と呼びます) ES6ではcon …

GoogleスプレッドシートからTreasureDataへデータを取り込む

AudienceOneの開発を担当しています。skryoです。 またまたTreasureDataネタですが、今回はGoogleスプレッドシートからGoogleAppsScriptを使ってTreasureDataへデータを取り込む手順を紹介したいと思います。 なぜ? Googleスプレッドシート上でマ …

no image
AWSにRailsアプリをデプロイする(公開編)

次にデプロイするため“aws rails デプロイ”でググってみるとunicorn、nginxというキーワードがでてくるので とりあえずこれを設定していきます。   アプリのsecret_key_baseの設定 [crayon-5ae205cc3ef89630025 …

PyStanによるはじめてのマルコフ連鎖モンテカルロ法

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 社内で行っている『データ解析のための統計モデリング入門』(所謂緑本)の輪読会に参加した所、 大変わかりやすい本だったものの、Macユーザには悲しい事に実装サンプルがWinBUGSだったため、 9章の一般化線形モデルのベイズ推定によるアプローチをPyt …

ナイーブベイズで羽生さんと羽生くんを分類してみた

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 機械学習についての理解を促進するため、 データから分類モデルを自動で構築する古典的な方法である、 ナイーブベイズ分類器を実装してみました。 最近はCloudVisionAPIなど専ら画像解析が流行っていますが、 自分のような初学者には敷居が高そうだっ …

kubernetes の全ノード上で同じコンテナを動かす

今回は、kubernetes上で同一コンテナを全ノードで動かす方法を紹介したいと思います。kubernetes自体の起動方法はここでは割愛します。 はじめに 以前、CoreOSのFleet上でmackerel-agentを動かすということを行いました。今回は、kubernetes上で同じようにクラス …

全ファイルを検索
意外と知らないかも? Chrome DevTools の機能10選

みんな使っている Chrome DevTools。 Web開発やトラブルシューティングには必須ですが、便利な機能を知らないで使っている人がいたり、Web で使い方を調べても古い情報だったりすることがあるので、部内で Chrome DevTools についての勉強会を開催しました。 ここでは、その中か …

いまさらですが… GNU screen チートシート

最近はローカル環境で開発するようになってきたので、screen コマンドを使う機会も少なくなって来たような気がします。で、使ってないと忘れてしまうので、チートシートを作ってみました。 参照サイト GNU screen [quick_reference] 起動 コマンド 動作 screen -S &l …

【小ネタ】JSで要素の組み合わせを列挙する

下記のような、キーの数や要素数が可変のデータの組み合わせを、列挙するjavascriptコードです。 pythonにはitertoolなどの順列・組み合わせ計算を行う定番ライブラリがあるようです。 やっている事ですが、イメージとしては組み合わせを数列に置き換えています。 1桁目が2進数、3桁目が3進 …