初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 –


こんにちは、2年目のYukaです。

開発部所属でありながら実は、、

実際に自分で手を動かして開発する機会がなかなかありませんでした。。

しかしついに、、、

開発初心者がRailsでWebアプリの開発に挑戦します!!

今回のゴールは社内でも使用しているGoogleアカウントで簡単にログインができるように




”devise + omniauth-google-oauth2の組み合わせでログイン画面を作成すること”



っです!

まずはdeviseのインストールからやってみます。

Gemfileにdevise用のgem追記し保存

ターミナルにてdeviseインストール

データベースに必要なカラムの追加

:omniauthableを追記しOmniAuthを有効にし、self.find_for_google_oauth2 メソッドを追加

/app/models/user.rb

ログイン設定したいHTMLにリンクを設定する

Google側での設定

https://console.developers.google.com/project

上記URLにログインする

Client IDの取得

1. 新規プロジェクトの作成

2. Google Apps API、Contacts APIを有効にする

Google_console_library

3. 認証情報を作成、OAuthクライアントIDを選択

4. アプリケーションの種類、ウェブアプリケーションを選択

5. 承認済みのリダイレクト URIに下記追加

Google_console_authinfo

Client IDとClient secretを追記する

config/secrets.yml

config/initializers/devise.rb

 

ルートにもdevise用に定義

config/routes.rb

コールバックで呼び出されるコントローラーの定義

app/controllers/配下にusersディレクトリを作成

app/controllers/users/omniauth_callbacks_controller.rb

rails serverを起動

今回はポートを8081に指定して起動する
rails s -p 8081

ブラウザで対象のページを確認

http://localhost:8081/home/index

 

view:home:index.erb

 

Googleのログインページにリダイレクトされる

 

Google_auth

 

Googleアカウントでログインしてみる。

devise_signin

デフォルトのviewファイルが呼ばれている!!

カスタマイズしたい。。。。

その場合は、

デフォルトのviewをusers配下にコピーする

これで対象のファイルを変更することが可能です!

以上でdeviseを用いてGoogleアカウントでのユーザー認証が可能となります。

参考URL

https://github.com/plataformatec/devise

http://www.ohmyenter.com/rails-4-1-devise-omniauth-google-oauth2-%E3%81%A7%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A3%85%E3%81%99%E3%82%8B/


DACエンジニア採用情報

  関連記事

ECMAScript6を使ってみた ~「Promise」編

ECMAScript6とは 一応ちょっとだけ説明しておくと、 ECMAScript(エクマスクリプト)は、Ecma Internationalによって標準化されたスクリプト言語で、バージョン6が2015 年 6 月 17 日に標準仕様として発行されました。(以下、ES6と呼びます) ES6ではcon …

Charlesを使ってスマホアプリ(iOS)のUAを調べてみた

はじめに ここ最近のスマホアプリには、Webブラウザの機能を実装したものが少なくありません。 (“スマホアプリ内で立ち上がるブラウザ「アプリ内ブラウザ」”の機能は「WebView」というコンポーネントを用いて実装されています。) 昨今のWebサイト、サービス運営に於いて、「通 …

【HTML5】4ツール出力ファイルサイズ比較

こんにちは、近江です。 前回もHTML5のSwiffyについて書かせて頂きましたが、まだまだHTML5について調査しています。 今回はSwiffyを含めた4つのHTML5系ツールで、同じ素材で同じアニメーションを作成した時のファイルサイズを比較したいと思います。 何故ファイルサイズの比較をするかと言 …

no image
AWSにRailsアプリをデプロイする(準備編)

今回は、せっかくRailsで開発したアプリをAWS上に公開してみたいので その構築方法をまとめていきたいと思います。 (前回の記事:初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 ) AWSの設定はすでに社内で使用できるようになっていたので割愛します。 ★やりたいこと Gitlabでコ …

x-callback-urlを使ってみた

x-callback-urlとは? iOSのアプリ間連携の仕様の一つみたいです。簡単に言うと、ディープリンクを行うためにカスタムURLスキームを利用するが、アプリ毎にバラバラな規則でURLスキームを設定するとアプリ間連携をスムーズに行うことができないため、どのような規則でURLスキームを設定するかを …

ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

Railsたった14行でアドサーバーAPIができた話

こんにちは。駆け出しエンジニアの近江です。 最近Railsにハマっているので、私が2年間担当しているアドサーバの、簡易版をRailsで作ってみました。 広告やキャンペーンを登録する管理画面はある前提で、ここからたった14行追加するだけでアドサーバーのHTTP APIを作りたいと思います。ついでに配信 …

kubernetes の全ノード上で同じコンテナを動かす

今回は、kubernetes上で同一コンテナを全ノードで動かす方法を紹介したいと思います。kubernetes自体の起動方法はここでは割愛します。 はじめに 以前、CoreOSのFleet上でmackerel-agentを動かすということを行いました。今回は、kubernetes上で同じようにクラス …

fastavroとjqでAVRO形式のファイルからデータを取得しよう

AVRO形式のファイルを取り扱いたい AVROとはApacheプロジェクトのひとつとして開発されているデータ交換形式です。 コンパクトなバイナリで高速なシリアライズ・デシリアライズが行えるため、サーバーログなどに利用されています。 弊社内での一部システムのログデータにも利用されているのですが、専用の …

ナイーブベイズで羽生さんと羽生くんを分類してみた

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 機械学習についての理解を促進するため、 データから分類モデルを自動で構築する古典的な方法である、 ナイーブベイズ分類器を実装してみました。 最近はCloudVisionAPIなど専ら画像解析が流行っていますが、 自分のような初学者には敷居が高そうだっ …