Android 非同期処理についてまとめてみた


Androidには、UIに影響を与えないよういくつか非同期処理が用意されています。
今回は非同期処理の代表的な

・Service
・IntentService
・HandlerThread

について違いを踏まえながらまとめます!
非同期処理について(http://codezine.jp/article/detail/9746)

まずはServiceとIntentServiceについて説明します。

■ Service
・メリット
– Activityに依存せずに長時間のバックグラウンド処理に向いている。
– Contextを持っている。

・デメリット
– メインスレッド上(UIスレッド上)で動作するため、重い処理を行うと画面のレスポンスが遅くなったり、アプリが落ちる。

※Serviceの優位性
ServiceはActivityと同一のスレッドで動いているため、
Serviceを使わずにActivityからスレッドを生成すればいいのでは?と思った方がいるのではないでしょうか?
重要なのはServiceはContext(アプリの状態)を保持していることです。
Activityからでもスレッドは生成し処理を行うことは可能ですが、Activityが終了してしまうと、Activityに関連したContext(アプリの状態を保持した情報)は使用できなくなります。
そのため、Contextを利用したバックグラウンド処理にはServiceを使う必要があります。

■ IntentService
・メリット
– Activityに依存せず非同期の処理に向いている。
– 内部にHandlerThreadを持っているため、メインスレッドとは別のスレッド上で逐次処理を行う。

ServiceとIntentServiceの違いを見てみる

下記にServiceを使った処理とIntentServiceを使った処理を記載します。
ActivityからIntentを使ってService/IntentServiceを呼び出します。
・Activity

・Service(あえてfor文を使い重い処理を行う)

→アプリが落ちる。

・IntentService(あえてfor文を使い重い処理を行う)

→UIに影響を与えないため、アプリは落ちない。

次にHandlerとHandlerThreadについて説明します。

HandlerThreadについて

HandlerThreadは内部にLooperを持ち、Handlerによって送られてきたメッセージを逐次処理するための仕組みです。わからない用語が出てきたので、まずは”Looper”と”Handler”について説明します。

LooperとHandlerについて

Looperとは

Looperとは内部にMessageキューを持ち、順番にキューから取り出したメッセージを処理する仕組みです。
これはAndroidの基本的な仕組みとなっておりActivityやServiceなどもこのLooper上で動作しています(デバックしてみるとわかります。はい)。
そしてこのActivityやServiceは特別なメインルーパー(メインスレッド)で動作しており、画面に関するウィジェットの変更はメインルーパーで行わなければなりません。
※別スレで行うとエラーが出ます。

Handlerとは

HandlerとはそのLooperにMessage(タスク)を届けるためのメッセンジャーです。

HandlerとHandlerThreadの違いを見てみる

Handlerはメインスレッド上で行われています。
HandlerThreadは新たにThreadを生成して、そこで処理を行います。

→デバックして変数sの中身を確認する。
s = main
メインスレッド上の処理のため、重たい処理を記載するとアプリは落ちる。

→デバックして変数sの中身を確認する。
s = other
別スレッドを生成しているため、重たい処理を記載してもUIに影響を与えることはなくアプリが落ちる心配はない。
なるほどなるほど、ここで疑問。
Q 画面に関する操作はメインスレッド上で行わなければならないとのこと。もし、別スレッド上で行ったらどうなるのだろうか?

・結果
問題なく、ボタンが読み込まれました。
Handlerの引数(メインスレッドのLooper)にHandlerThreadのLooper処理の結果を渡してるから、
別スレッドの処理結果をメインスレッドに渡しているからなんだ。

(http://ichitcltk.hustle.ne.jp/gudon2/index.php?
pageType=file&id=Android010_Handler)
手順

1.別スレッド(HandlerThread)を生成
2.別スレッド開始
3.HandlerThreadインスタンス から Looperインスタンス 取得
4.Handlerインスタンスを生成(3で取得した Looperインスタンス を 引数指定)
5.4 で作成した Handlerインスタンス を使用(Handler#post 等)

参考
http://daichan4649.hatenablog.jp/entry/20111004/1317724067
https://realm.io/jp/news/android-thread-looper-handler/

UIスレッドからのみ画面操作が可能
http://dev.classmethod.jp/etc/22853/


DACエンジニア採用情報

  関連記事

(社内新卒・PHPビギナー向け)MacでPHP7開発環境を構築しよう!

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 えっ!?新卒のプログラミング研修はPHPで行われるって?!俺の得意言語やないか!! は …

初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 –

こんにちは、2年目のYukaです。 開発部所属でありながら実は、、 実際に自分で手を動かして開発する機会がなかなかありませんでした。。 しかしついに、、、 開発初心者がRailsでWebアプリの開発に挑戦します!! 今回のゴールは社内でも使用しているGoogleアカウントで簡単にログインができるよう …

Charlesを使ってスマホアプリ(iOS)のUAを調べてみた

はじめに ここ最近のスマホアプリには、Webブラウザの機能を実装したものが少なくありません。 (“スマホアプリ内で立ち上がるブラウザ「アプリ内ブラウザ」”の機能は「WebView」というコンポーネントを用いて実装されています。) 昨今のWebサイト、サービス運営に於いて、「通 …

kubernetes の全ノード上で同じコンテナを動かす

今回は、kubernetes上で同一コンテナを全ノードで動かす方法を紹介したいと思います。kubernetes自体の起動方法はここでは割愛します。 はじめに 以前、CoreOSのFleet上でmackerel-agentを動かすということを行いました。今回は、kubernetes上で同じようにクラス …

Qiita Team API と Google Spread Sheet でチーム日報を生成する

チーム日報を活用する MarketOne 開発チームでは複数拠点に分かれての開発を行っています。リモート開発が中心となると口頭でのコミュニケーションに限界があるため、テキストベースのコミュニケーションの比重が高い状態にあります。 チケットシステムやソースコード管理ツール上の議論はもちろんおこなってい …

ゼロからAngularでSPAを作ってみた(2) デプロイ・公開編

前回のおさらいと今回やること 前回(はじめてのアプリ編)では、Angular で簡単なチャットアプリを作るところまでやりました。ディレクトリ構成については説明できていなかったのですが、次のようになっています。(主なディレクトリとファイルのみ抜粋) + dist (ビルド・コンパイル後のファイルのディ …

Bootstrapのモーダル機能で多重表示する際に解決しなければならない2つの問題

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発・保守を担当しています。 エンジニアの皆さん、デザインってどうしてます? わたくしはプライベートでとあるW …

no image
Angular.jsのvalueとfactoryの違いを考える

次のようなHTMLがあったとする。 [code language=”html”] <!doctype html> <html lang="jp" ng-app="App"> <head> <me …

Railsたった14行でアドサーバーAPIができた話

こんにちは。駆け出しエンジニアの近江です。 最近Railsにハマっているので、私が2年間担当しているアドサーバの、簡易版をRailsで作ってみました。 広告やキャンペーンを登録する管理画面はある前提で、ここからたった14行追加するだけでアドサーバーのHTTP APIを作りたいと思います。ついでに配信 …

no image
Polymer on Rails

Web Componentsをご存知だろうか。これが普及すればWebの開発は画期的に変わるだろう。 説明すると長くなるので、LIGさんのにその辺はお任せして。(この記事読んでください。) 簡単に言えば、下記にあるような新たに提案されたブラウザ向けAPIの総称。 Custom Elements, 説明 …