Tableauを利用してMySQLとRedshiftのクロスDBジョインを実現する


はじめに

RedshiftやTreasureDataなどのデータマート用のDBにはID単位の解析結果が格納され、ローカルのMySQLにはIDに紐づいた名称マスタが管理されている構成の場合、データマートのクロス集計結果に対してIDに紐づいた名称を付与したいことがあります。

データマート用に用意したDB内にマスタの名称を定期的に移行させることも考えられますが、データ反映までのタイムラグがありますし、運用負荷やデータの保有ポリシーとして望ましくないといった判断もあるものと思われます。

このような場合、BIツールのTableauを用いてRedshiftとMySQLの異なるDBをまたいだ結合(クロスDBジョイン)をさせることでリアルタイムに名称を取得できるようになります。

設定手順

Tableauでは異なるDB間でのジョイン済みデータソースを定義することはできないため、データソース定義ボタンでMySQLとRedshiftのそれぞれを独立して定義します。

 

1

メニューから「データ」→「リレーションシップの編集」を選択

2

プライマリデータソースをRedshiftにし、セカンダリデータソースをMySQLにしてリレーションシップのカスタム定義で結合させるIDの指定を行います

3

 

まとめ

以上の設定を行うことでRedshift側の集計結果が保持するIDからMySQL側の名称を表示させることが可能となります。Tableauを媒介にすることで特性の違うDBを統合的に扱うことができます。今回はMySQLとReshiftを例に出しましたが、クロスDBジョインを行うことで異なるサーバーにインストールされたMySQL同士を結合させたり、その他のDBとの結合も考えられますので、効果的な活用方法を考えていきたいと思います。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

Scala入門 準備編「開発環境構築」 – PHP使いからScala使いへ転身!

  はじめに みなさんこんにちは、今月入社しましたプロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 XmediaOneの開発で採用しているプログラム言語はS …

巨大データベースのスケールアップと引越作業

はじめに ビッグデータ解析部でオーディエンスデータ解析基盤の開発、運用を担当している Mike です。 弊社ではインターネット