Tableauを利用してMySQLとRedshiftのクロスDBジョインを実現する


はじめに

RedshiftやTreasureDataなどのデータマート用のDBにはID単位の解析結果が格納され、ローカルのMySQLにはIDに紐づいた名称マスタが管理されている構成の場合、データマートのクロス集計結果に対してIDに紐づいた名称を付与したいことがあります。

データマート用に用意したDB内にマスタの名称を定期的に移行させることも考えられますが、データ反映までのタイムラグがありますし、運用負荷やデータの保有ポリシーとして望ましくないといった判断もあるものと思われます。

このような場合、BIツールのTableauを用いてRedshiftとMySQLの異なるDBをまたいだ結合(クロスDBジョイン)をさせることでリアルタイムに名称を取得できるようになります。

設定手順

Tableauでは異なるDB間でのジョイン済みデータソースを定義することはできないため、データソース定義ボタンでMySQLとRedshiftのそれぞれを独立して定義します。

 

1

メニューから「データ」→「リレーションシップの編集」を選択

2

プライマリデータソースをRedshiftにし、セカンダリデータソースをMySQLにしてリレーションシップのカスタム定義で結合させるIDの指定を行います

3

 

まとめ

以上の設定を行うことでRedshift側の集計結果が保持するIDからMySQL側の名称を表示させることが可能となります。Tableauを媒介にすることで特性の違うDBを統合的に扱うことができます。今回はMySQLとReshiftを例に出しましたが、クロスDBジョインを行うことで異なるサーバーにインストールされたMySQL同士を結合させたり、その他のDBとの結合も考えられますので、効果的な活用方法を考えていきたいと思います。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

sqlカクテル
【入門編】TreasureDataでサイトのアクセス解析をしてみた~第2弾!~

今回もやります、集計クエリ解説シリーズ第2弾!! 前回は、Webログからセッション単位のデータを作成するだけでした。 第2弾では作成したテーブルを元に、より実践的なアクセス解析、サイト分析で使えるHiveQLについて、実際に使用したクエリとともに解説していきたいと思います。 今回やったこと 利用した …

tf
ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

11396380473_26f323b1e4_z
Google BigQuery / Tableauを使ってみた

TableauからGoogle BigQueryへ接続してみました。 弊社で利用しているTreasureDataからデータ出力してBigQueryへロード、Tableauから接続まで実際に行った手順について記載します。 TreasureDataからAmazonS3へデータ出力 まず、データが蓄積され …

ie10
modern.IEを使ってMac上でWindows10を動かす

Microsoftが提供している modern.IE というプロジェクトがある。そこで提供されている仮想環境を使って、MacにWindows10をインストールしてみる。ちなみに、このプロジェクトの本来の目的はInternet Explorerの表示確認やデバッグの支援。 VirtualBoxの準備 …

Hivemall_Minhash_pic1_thum
HivemallでMinhash!〜似てる記事を探し出そう。〜

こんにちは。俺やで。 前回の投稿に続き(間が空きましたが)、 ビッグデータに対応したHiveで使える機械学習ライブラリ、 「Hivemall」の使い方、第2弾となります。 今回はMinhashという手法について書きたいと思います。 ※前回 【超入門】Hivemallで機械学習 〜Treasure D …

redshift
Amazon Redshiftのパフォーマンスチューニング #1 アーキテクチャ概要

ご挨拶 こんにちは。システム開発部の中村です。 現在新卒入社2年目で、普段は受託開発の要件定義等の業務が主担当だったりします。 このブログの発起人というか、まあ言い出しっぺという事で初稿を上げさせて頂きます。 今回はAmazon Web ServiceのDWHサービス、Redshiftのパフォーマン …

dockerlogo
自社サービスのDocker化(後編)

こんにちは。 インフラ開発部の上田です。 前回、前編としてDockerについて書き、早半年も経ちました。 前編はこちらです 今回は後編として、以下について書いてみたいと思います。 ■複数プロセス起動 前編で書いた通り、通常のOS起動時とは異なり、コンテナ上で個別にプロセスを起動する必要があります。 …

no image
Treasure Dataで長期間の集計

プラットフォーム・ワン T氏です。プラットフォーム・ワンでは、DSPのMarketOneとSSPのYIELD ONE提供しています。 MarketOneやYIELD ONEのログを調査する場合にTreasure Dataを使うことがあります。Treasure Dataでは大量のデータに対してHive …

image1
トレジャーデータの新機能「Data Connector」でクライアントレスなビッグデータ連携を実現する

トレジャーデータは、スキーマレスな大量のデータ(ビッグデータ)をパブリッククラウド上に保管して集計や抽出をするためのサービスなのですが、他システムからの連携データをトレジャーデータのテーブルに格納するまでが一苦労でした。 他システムとの外部連携を行う場合、一般的にローカルサーバー内のストレージを外部 …

gasserverless
GoogleAppsScriptとTreasureData REST APIを使ってサーバレスにTwitterのデータを取得

またまたTreasureDataネタです。 ただ、今回はクエリ系のネタではなく、GoogleAppsScriptとTreasureDataのREST APIを使ってTwitterのデータをTreasureDataに入れてみたので、その方法を紹介したいと思います。 はじめに ログデータだけではなく、公 …