ES5とES6でアドタグを作ってみた


はじめに

アドテク問題(広告表示編)のQ7を元にネイティブ広告を表示するアドタグをES5とES6で作ってみました。

処理の流れ

大きな処理の流れは以下の通り

  1. 広告要素取得処理
    サーバからタイトル/説明文/画像URLの取得を行う

  2. フォーマット処理
    取得した要素を表示するページに最適化した形にフォーマットする

  3. 広告表示処理
    フォーマットした広告を表示する

ES5

ES6

まず、ES6で書くために必要なモジュール群をnpmでインストールします。

package.json

簡単に説明すると、
アドタグはES6で書きますが、動かないブラウザがあるので、ES5にトランスパイルを行うために、babelを使います。
テスト書く用のmochaとLinterはeslintでルールはairbnbのものを使います。
後は、モジュールをコンパイルするためにwebpackを使います。

ES5では、1つのファイルにすべての処理を書きましたが、
ES6ではClassの概念が存在するため、それを使って4つのモジュール分割します。

  • index.js
  • adunit.js
  • utils.js
  • settings.js

それぞれのモジュールの依存は、

こんな感じでimportを使うことで、解決することができます。

Class内では、他の言語と同じようにconstructorを指定することができ、
このアドタグでは、instance作成時の引数に広告をレンダリングするdomのidを指定しています。

index.js

adunit.js

モジュールが完成したら、テストを書きます。今回は一旦、settingsのテストだけ書いてます。
testフォルダの下にテストコードを追加し、
テストを実行する場合は、

を実行します。

package.jsonにnpm testコマンド時の挙動を記述しており、

テストフレームワークとしてmochaを使い、テストもES6で書いているので、
babel-registerをrequireに渡すことで、テストコードをES5にトランスパイルしてから実行されるようになるらしいです。

最後に、webpackを使いモジュール化したら完成です。

distフォルダの配下に、es6.min.jsというのが生成されます。

サンプル

DACホームページサンプル
※スマホorスマホUAで見てください。

広告が2つ表示され、上の方がES6、下の方がES5で書いたアドタグが使われています。

今回使用したコードは以下にまとめてあります。
ES2015-sample


DACエンジニア採用情報

  関連記事

【タグマネジメント】GoogleTagManagerでイベントリスナーを使う

タグマネジメントとは タグマネジメントとは、広告効果測定ツールや、サイト解析ツールなどで利用している『HTMLタグ』の管理を行うことをいいます。 タグマネジメントツールでは、Webサイトの全ページに各タグマネジメントツールが発行する1つのタグを設置するだけで、あらゆるHTMLタグを管理画面上で登録す …

【DMP】ピギーバックってなに

アドテクに関わる方であれば、よく耳にするであろう「ピギーバック」をシンプルに説明してみようと思います。 「piggyback/ピギーバック」は 「おんぶ」「背負う」に当たる言葉です。 アドテクでピギーバックというと、タグのピギーバックのことを指すことが多いように思います。 タグは、サイトに導入する小 …

AudieneOneでアドブロック利用者を抽出する訪問者セグメントを作ろう

はじめに iOS 9のコンテンツブロッカーによって盛り上がったアドブロック論争。アドブロック自体はPCブラウザ用プラグインで昔からできていたことなのですが、さらに普及していくのかもしれません。 アドブロックの仕組みが普及するのはインターネット業界全体の損失につながりかねない話ではあるのですが、その一 …

video.jsを使ったインバナー動画広告のHTMLタグを作ってみた

こんにちは、プラットフォームワンのyamakenです。久しぶりの投稿です。 今回は、 インバナー動画広告 のHTMLタグを作ってみます。 「今年は動画広告元年!」という声が私の入社以来毎年聞こえており、私の担当するMarketOneDSPでも年始にインストリーム動画RTB対応をリリースするなど、市場 …

no image
SafeFrameでリッチ広告をセキュアに実現

アドサーバ(広告配信サーバ)は、通常iframeで広告のクリエイティブを配信している。(JS配信とかに対応しているアドサーバもある) 通常のセキュリティだとiframeの中身(srcで実際に表示されている側)がiframeを操作する事はできない。つまりexpandなどのリッチ広告、特に表示領域を変更 …

Google IMA SDK で動画アプリに広告を入れてみた〜iOS編〜

新卒のjotakaです。 スマホアプリに動画広告を出すためのSDKを導入してみたいと思います。 ここでのSDKはアプリへ簡単に機能追加するためのframeworkやlibraryと言う方がわかりやすいかもしれません。 アプリ開発者が動画広告用のSDKを使用するメリットとして、例えば動画広告の仕様であ …

Treasure Dataの新機能(Data Tank)をAudienceOneのレポート機能で利用した話

Data Tankとは? Treasure Dataの新機能でTreasure Dataのプラットフォーム上に構築されたデータマートです。 Tableau等のBIツールとの接続を想定されており、AWSでいうところのRedshift的なものだと考えるとわかりやすいかと。 Data TankはPostg …

Ad Tech Conference~海外アドテク系カンファレンスに行ってきた②~

はい、テクノロジー戦略部の田畑です。 アドテク系イベントに行ってきた②ということで、前回書ききれなかったところを書きます。   ~前回のおさらい~ 1.11月にNYのアドテク系イベント3つに行ってみた。 2.Fraud、Viewability、Programatic Directがキーワー …

「初めての動画広告~①VAST編~」

2015年新卒入社の池田です。 「TVで動画コンテンツをみる時代」から「ネットで動画コンテンツをみる」時代になった今日このごろです。 「私もいっちょまえに動画広告を扱ってみたい・・・!!」と生意気にも思うようになりまして。 しかし、つい2か月前までド文系大学生だった池田は果たして動画広告を扱えるよう …

【DMP】IDのハッシュってなに

アドテクに関わる方であれば、よく耳にするであろう「ハッシュ」をシンプルに説明してみようと思います。 とはいえ「ハッシュ」は広いので、ここでは「IDのハッシュ」に焦点を当てます。 「ハッシュ/hash(動詞)」はそもそも「細切れにする」というような意味を持ちます。(名詞だと「細切れのもの」) ハッシュ …