Treasure Dataで大規模なマスタデータを扱う際にはtimeカラムインデックスを活用しよう


DACではTreasure Dataを利用して各種データの蓄積や集計を行っています。Treasure Dataは時系列のデータを扱うのに特にすぐれたアーキテクチャなのですが、セグメントIDとユーザーIDの組み合わせといった大量のマスタデータを利用した計算にも利用することもできます。そのような場合にtimeカラムインデックスを活用してマスタデータを高速に抽出する方法について解説します。

Treasure Dataでは時系列のデータを効率よくあつかうため、timeカラムが固定インデックスとなっており、3600秒(1時間)ごとのパーティショニングに分けてインポートされます。この性質を利用して、時系列で格納する必要のないデータについては「セグメントID * 3600」「カテゴリID * 3600」のようにマスタのキー値を元に作成した時間を設定することで値が高速に取得できるようになります。

検証のためにtimeカラムをセグメントIDとして設定したテーブルを作成します。テーブル作成の元ネタはセグメントとユーザーのM:N対応を縦持ちで持つテストデータで、総行数は約8億行あります。

指定したふたつのセグメント同士の重複ユーザー数を抽出してみましょう。

Presto計算ログ(1分36秒)

指定のセグメントだけを取りたいのにテーブルに対するフルスキャンが走っており、ピークメモリ使用量も大きくなっています。これに対してtimeカラムでセグメントIDを指定してみます。

Presto計算ログ(20秒)

実行時間が20%程度になり、ピークメモリ使用量も10%程度に削減されています。timeカラムインデックスを利用しているため、セグメントIDが「1975-11-16 06:00:00 UTC」という扱いになっています。timeカラムインデックスを利用した格納・取得方法はHiveでもPrestoでも効きますので、時系列に格納する必要性のないデータについては、マスターデータのキーをtimeとして指定しながら格納することで高速な抽出ができるようになります。もちろん結果値は同等です。

注意点としてはtimeはBigInteger型であり、日付型としても扱われることから1億年と2000年前から検索するといった事はできません。このような値をtime値を格納すると正常にパーティショニングされず、timeを利用していないクエリについても正常に取得できなくなる可能性があります。このため大きなID番号を取り扱う際には「time * 3600」ではなく「time * 360」としたうえでセグメントIDとの複合キーにするなど、適切な範囲で散らばるようにIDをグルーピングすべきです。

以上、Treasure Dataで大規模なマスタデータを扱う際にはtimeカラムインデックスが利用できるというTIPSでした。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

D3.jsとその活用事例について

D3.jsとは? D3とは「Data Driven Document」の略で、データに基づいてドキュメントを操作するための JavaScript ライブラリです。 ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとだけD3.jsの基本的な使い方、そして弊社プラットフォームでの利用についてご紹介したいと思います。 …

Tableau 9.2で郵便番号の特性を地図で可視化してみる

Tableau 9.2から郵便番号地図が表示可能に 弊社ではデータ分析ツールのTableauを利用しています。オーディエンスデータの重複を分析したり、デモグラフィック属性を表示したりするなどデータの可視化に役立ちますTableauでは9.2から日本の郵便番号を用いて地図を可視化できるようになりました …

【Hivemall入門】RandomForestで毒キノコ推定モデルを作る

こんにちは。俺やで。 今回も前回から間が空いてしましたが、ビッグデータに対応したHiveで使える機械学習ライブラリ、 Hivemallの使い方について、書かせていただければと思います。 なお今回はQiitaのTreasure Data / Advent Calender 2015の12/3日分として …

気象予報士とビッグデータ解析の意外な関係

DACから気象予報士が誕生しました ビッグデータ解析部のMikeです。 2015年1月の気象予報士試験に合格し、めでたく4月からアドテク業界ただ一人(本当?)の気象予報士となりました 。 そんなわけで、今回は気象予報士とビッグデータ解析の関係についてお話したいと思います。 なぜ気象予報士を目指したか …

no image
Treasure Dataで長期間の集計

プラットフォーム・ワン T氏です。プラットフォーム・ワンでは、DSPのMarketOneとSSPのYIELD ONE提供しています。 MarketOneやYIELD ONEのログを調査する場合にTreasure Dataを使うことがあります。Treasure Dataでは大量のデータに対してHive …

no image
いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」

こんにちは。 ビッグデータ解析部のakiです。 解析部で、Markezineでの連載をはじめましたのでご紹介です。 いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」、ビッグデータ活用の課題とこれから (http://markezine.jp/article/detail/21293) マーケターのかた向け …

巨大データベースのスケールアップと引越作業

はじめに ビッグデータ解析部でオーディエンスデータ解析基盤の開発、運用を担当している Mike です。 弊社ではインターネット広告配信ログをはじめとする「ビッグデータ」と呼ぶにふさわしいデータボリュームを扱うオーディエンスデータ解析基盤を構築しています。今秋、そのうちの1構成要素である、データサイズ …

Treasure Dataの新機能(Data Tank)をAudienceOneのレポート機能で利用した話

Data Tankとは? Treasure Dataの新機能でTreasure Dataのプラットフォーム上に構築されたデータマートです。 Tableau等のBIツールとの接続を想定されており、AWSでいうところのRedshift的なものだと考えるとわかりやすいかと。 Data TankはPostg …

【入門編】TreasureDataでWEBログ分析をしてみた

この記事は Treasure Data Advent Calendar 2015 – Qiita の24日目の記事です。 こんにちは。 今回はWEBログの集計や解析をする際によく使うHiveQLのクエリと、UDF(User Defined Functions)について実際の集計クエリを使 …

Tableauを利用してMySQLとRedshiftのクロスDBジョインを実現する

はじめに RedshiftやTreasureDataなどのデータマート用のDBにはID単位の解析結果が格納され、ローカルのMySQLにはIDに紐づいた名称マスタが管理されている構成の場合、データマートのクロス集計結果に対してIDに紐づいた名称を付与したいことがあります。 データマート用に用意したDB …