Tableau 9.2で郵便番号の特性を地図で可視化してみる


Tableau 9.2から郵便番号地図が表示可能に

弊社ではデータ分析ツールのTableauを利用しています。オーディエンスデータの重複を分析したり、デモグラフィック属性を表示したりするなどデータの可視化に役立ちますTableauでは9.2から日本の郵便番号を用いて地図を可視化できるようになりました。現状では3桁までの郵便番号に対応してます。

郵便番号はCRM連携情報としてはもちろん、位置情報などからも変換可能ですし、郵便番号ごとのマーケティングデータや統計データの販売も多いため、比較的取り回しのしやすいセグメントです。そこで今回はTableau 9.2で郵便番号ごとの特性を地図で可視化してみることにしました

テスト購買データの作成

表示対象を東京全域としてExcelを用いてランダムのテスト購買データを生成します。
現実にはCV時点でタグから連携したり、TSVファイルなどとしての連携することを想定しています。

東京にある郵便番号はおおむね100~20Xに分布していますので以下の数式で生成します。

=CEILING(RAND()*109,1) + 100

購買金額については10,000円~50,000円とします。

=CEILING(RAND()*40000,1) + 10000

郵便番号

これを数千行作成してCSVファイルとして保存します。

TableauでCSVファイルの取り込み

TableauはデータソースとしてCSVファイルを直接扱うことができます。

「データ接続」からCSVファイルを選択

データ接続

郵便番号を数値として認識させると正しく変換できないので「文字列」に指定

データ接続2

地理的役割で「郵便番号」を指定

データ接続3

郵便番号ごとの特性をTableauで可視化

ここまでで郵便番号ごとのデータを集計する準備が整いました。
さっそく郵便番号ごとの特性をTableauで可視化しましょう。

「マーク」で色塗りマップを指定

データ接続4

「マーク」に郵便番号と購買金額合計を追加して色分け
ヒートマップのように表示するには「色の編集」から「温度の分化」を選びます

データ接続5

平均購買金額を追加してフィルター化

データ接続6

まとめ

以上の操作で指定以上の平均購買金額をもつ郵便番号だけが抽出できます。所有しているデータによって例えば車への興味が強い地域や売り上げの高い地域などを可視化することで、位置情報を用いたオンライン広告配信やオフラインのエリアポスティングなどへの活用が考えられます。

インターネットは全世界から接続されるものではありましたが、地域に根差した広告配信も必要です。リアル行動ターゲティングや地域プロファイルなどエリアを用いた配信を効果的に行うために郵便番号データの可視化が役立つのではないでしょうか。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

no image
いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」

こんにちは。 ビッグデータ解析部のakiです。 解析部で、Markezineでの連載をはじめましたのでご紹介です。 いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」、ビッグデータ活用の課題とこれから (http://markezine.jp/article/detail/21293) マーケターのかた向け …

ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

【入門編】TreasureDataでWEBログ分析をしてみた

この記事は Treasure Data Advent Calendar 2015 – Qiita の24日目の記事です。 こんにちは。 今回はWEBログの集計や解析をする際によく使うHiveQLのクエリと、UDF(User Defined Functions)について実際の集計クエリを使 …

fastavroとjqでAVRO形式のファイルからデータを取得しよう

AVRO形式のファイルを取り扱いたい AVROとはApacheプロジェクトのひとつとして開発されているデータ交換形式です。 コンパクトなバイナリで高速なシリアライズ・デシリアライズが行えるため、サーバーログなどに利用されています。 弊社内での一部システムのログデータにも利用されているのですが、専用の …

気象予報士とビッグデータ解析の意外な関係

DACから気象予報士が誕生しました ビッグデータ解析部のMikeです。 2015年1月の気象予報士試験に合格し、めでたく4月からアドテク業界ただ一人(本当?)の気象予報士となりました 。 そんなわけで、今回は気象予報士とビッグデータ解析の関係についてお話したいと思います。 なぜ気象予報士を目指したか …

【入門編】TreasureDataでサイトのアクセス解析をしてみた~第2弾!~

今回もやります、集計クエリ解説シリーズ第2弾!! 前回は、Webログからセッション単位のデータを作成するだけでした。 第2弾では作成したテーブルを元に、より実践的なアクセス解析、サイト分析で使えるHiveQLについて、実際に使用したクエリとともに解説していきたいと思います。 今回やったこと 利用した …

Amazon ElastiCache/Redisのパフォーマンス確認

はじめに こんにちは、AudienceOne開発部です。AudienceOne開発部ではいわゆるビッグデータと呼ばれる大量のデータをアドホックあるいは定常的に日々ETLだの集合演算だのをする一方で、様々な大規模データ処理ソリューションを継続的に検証しております。 本記事は、その中でもユーザが保持して …

GoogleAppsScriptとTreasureData REST APIを使ってサーバレスにTwitterのデータを取得

またまたTreasureDataネタです。 ただ、今回はクエリ系のネタではなく、GoogleAppsScriptとTreasureDataのREST APIを使ってTwitterのデータをTreasureDataに入れてみたので、その方法を紹介したいと思います。 はじめに ログデータだけではなく、公 …

PyStanによるはじめてのマルコフ連鎖モンテカルロ法

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 社内で行っている『データ解析のための統計モデリング入門』(所謂緑本)の輪読会に参加した所、 大変わかりやすい本だったものの、Macユーザには悲しい事に実装サンプルがWinBUGSだったため、 9章の一般化線形モデルのベイズ推定によるアプローチをPyt …

Treasure Dataの新機能(Data Tank)をAudienceOneのレポート機能で利用した話

Data Tankとは? Treasure Dataの新機能でTreasure Dataのプラットフォーム上に構築されたデータマートです。 Tableau等のBIツールとの接続を想定されており、AWSでいうところのRedshift的なものだと考えるとわかりやすいかと。 Data TankはPostg …