【小ネタ】JSで要素の組み合わせを列挙する


下記のような、キーの数や要素数が可変のデータの組み合わせを、列挙するjavascriptコードです。
pythonにはitertoolなどの順列・組み合わせ計算を行う定番ライブラリがあるようです。

やっている事ですが、イメージとしては組み合わせを数列に置き換えています。
1桁目が2進数、3桁目が3進数、3桁目が4進数の不規則な進法で表現されていると捉えて、
n[1..234=24]までループでひたすら列挙します。

[code lang=”js”]
var data = {
"1.ドリンク": ["チャイ", "ラッシー"],
"2.副菜": ["サモサ", "ティッカマサラ", "サブジ"],
"3.主菜": ["バターチキン", "キーマ", "ダール", "マトン"]
}

// 実行毎に結果の出力順序が一意になるようにソート
var keys = Object.keys(data).sort();

// 組み合わせの総数を事前に計算
var total = 1;
for (var key in data) {
total *= data[key].length;
}

var q, // 商, ループ中の配列で表現できない数
r, // 余り, ループ中の配列で表現する数
result = []; // 組み合わせを格納する配列

// 組み合わせの総数回ループして、n番目にどの組み合わせが来るかどうかを求める
for (var n=0; n < total; n++) {
result[n] = {};
q = n;

// dataのキー毎にループして、どの要素を使うか決定
for (i=0; i<keys.length; i++) {
key = keys[i];

// ループ対象の配列の要素数で割った余り = その配列で表現できる数
r = q % data[key].length;

// ループ対象の配列の要素数で割った商 = その配列で表現できない数
q = Math.floor(q / data[key].length);

result[n][key] = data[key][r];
}
}

// 出力
for (var i=0; i < result.length; i++) {
console.log(JSON.stringify(result[i]));
}

/*
0:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"バターチキン"}
1:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"バターチキン"}
2:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"バターチキン"}
3:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"バターチキン"}
4:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"バターチキン"}
5:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"バターチキン"}
6:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"キーマ"}
7:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"キーマ"}
8:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"キーマ"}
9:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"キーマ"}
10:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"キーマ"}
11:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"キーマ"}
12:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"ダール"}
13:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"ダール"}
14:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"ダール"}
15:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"ダール"}
16:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"ダール"}
17:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"ダール"}
18:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"マトン"}
19:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サモサ","3.主菜":"マトン"}
20:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"マトン"}
21:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"ティッカマサラ","3.主菜":"マトン"}
22:{"1.ドリンク":"チャイ","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"マトン"}
23:{"1.ドリンク":"ラッシー","2.副菜":"サブジ","3.主菜":"マトン"}
*/
[/code]

例のデータで言えば2 * 3 * 4通りの組み合わせを求めているので、
例えば15番目の組み合わせをを求める場合、「ドリンク」で表現できる要素の数=2で割ると
商が7、余りが1、…となり、
商の7 = 「副菜」以降で表現しなければならない数
余りの1 = 「ドリンク」で表現する数

よって「ドリンク」は配列の添字[1]の要素「ラッシー」を使うと決定できます。

同様にして、商の7を「副菜」で表現できる3で割ると
商が2、余りが1、…となり、
「副菜」は配列の添字[1]の要素「ティッカマサラ」を使います。

最後の主菜では、2 / 4
商は勿論0、余りは[2]となり、
「主菜の」は配列の添字2の要素の「ダール」に決定します。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

ECMAScript6を使ってみた ~「Promise」編

ECMAScript6とは 一応ちょっとだけ説明しておくと、 ECMAScript(エクマスクリプト)は、Ecma Internationalによって標準化されたスクリプト言語で、バージョン6が2015 年 6 月 17 日に標準仕様として発行されました。(以下、ES6と呼びます) ES6ではcon …

ナイーブベイズで羽生さんと羽生くんを分類してみた

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 機械学習についての理解を促進するため、 データから分類モデルを自動で構築する古典的な方法である、 ナイーブベイズ分類器を実装してみました。 最近はCloudVisionAPIなど専ら画像解析が流行っていますが、 自分のような初学者には敷居が高そうだっ …

GoogleスプレッドシートからTreasureDataへデータを取り込む

AudienceOneの開発を担当しています。skryoです。 またまたTreasureDataネタですが、今回はGoogleスプレッドシートからGoogleAppsScriptを使ってTreasureDataへデータを取り込む手順を紹介したいと思います。 なぜ? Googleスプレッドシート上でマ …

【未経験からのRuby on Rails – 第3回】変数と定数

こんにちは。新卒1年目のmatsuariです。 今回はRubyに限らずプログラミングを学ぶ上で非常に重要となる「変数と定数」について、ご紹介していきます。 変数とは・・・ オブジェクトを一時的に格納しておく箱で、オブジェクトを識別するために利用します。 言葉だけでは理解が難しいかと思いますので、まず …

初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 –

こんにちは、2年目のYukaです。 開発部所属でありながら実は、、 実際に自分で手を動かして開発する機会がなかなかありませんでした。。 しかしついに、、、 開発初心者がRailsでWebアプリの開発に挑戦します!! 今回のゴールは社内でも使用しているGoogleアカウントで簡単にログインができるよう …

Selenium × PHP でテスト自動化!【環境構築編】

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 テスト自動化の背景 わたくしが担当するXmediaOneでは品質担保のために①コードベ …

no image
【小ネタ】Javascriptのconsoleオブジェクトをもっと便利に使う方法

すごく便利なconsoleオブジェクトですが、ブラウザによってサポートされているメソッドが なかったり、そもそもconsoleオブジェクトが使えなかったりと、たまに不便だったりします。 そんなときによく使う便利なコード。 [code language=”javascript” …

ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

iOS端末情報をTreasureDataに送るアプリをswiftで作ってみた。

はじめまして、2年目のOyamanです。 通常業務とは別のことになりますが、Swiftに触れる機会が少しあったので、スマホ関連の記事を書かせていただきます。 はじめに SwiftとTreasureDataのSDKを使って、 iOSの端末情報をTreasureDataへ送るアプリを作ってみます。 今回 …

Scala実践「Either型を使ってimmutable(不変)なコードを書こう!」

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 Scalaでイケてるコードを書きたい! 背景 わたくしはDACに入社してからScala …