AudieneOneでアドブロック利用者を抽出する訪問者セグメントを作ろう


はじめに

iOS 9のコンテンツブロッカーによって盛り上がったアドブロック論争。アドブロック自体はPCブラウザ用プラグインで昔からできていたことなのですが、さらに普及していくのかもしれません。

アドブロックの仕組みが普及するのはインターネット業界全体の損失につながりかねない話ではあるのですが、その一方でアドブロック利用有無は媒体特性や顧客属性を推定したり、配信対象から除外するための有力な情報にもなりえるものと思われます。

そこで今回はアドブロック利用者をJavaScriptで判定して、弊社DMPのAudienceOne®にセグメント化して格納する仕組みができないかを試してみました。

アドブロック利用者の判定

アドブロック利用者の判定にはBlockAdBlockというアドブロック利用者へのコンテンツブロックに利用されるJavaScriptを利用します。

本来はアドブロック利用者の判定を行ってコンテンツブロック処理を行う「アドブロック利用者へのコンテンツ制限」の用途を想定しているものなのですが、コンテンツブロック以外の処理を差し込むこともできます。

[javascript]
function adBlockNotDetected() { alert(‘AdBlock is not enabled’); }
function adBlockDetected() { alert(‘AdBlock is enabled’); }
if(typeof blockAdBlock === ‘undefined’) { adBlockDetected(); }
else { blockAdBlock.onDetected(adBlockDetected);
blockAdBlock.onNotDetected(adBlockNotDetected);}
[/javascript]

 

 

Aoneへのイベント登録

AudienceOneでは訪問者情報登録のタグを呼び出す際に簡単なパラメータを付与できるため、アドブロック利用者判定の可否に応じて呼び出しパラメータを変更してからAOneタグを呼び出すようにします。

※URLを直接呼び出しているのは模式的な例であり、通常はITM(Intelligent Tag Management)を利用します。

[javascript]
/* アドブロック非利用者として登録 */
function adBlockNotDetected() { callAoneTag(‘&evt=notadblock’) }

/* アドブロック利用者として登録 */
function adBlockDetected() { callAoneTag(‘&evt=adblock’) }

/* AudienceOneへの情報登録 */
function callAoneTag(adblockParam) { Aoneタグ呼び出し(‘http://a.one.impact-ad.jp/dc?oid=xxxxxx&src=URL’ + adblockParam, xxx,xxx) }
[/javascript]

イベント登録作業

AudienceOne上に「イベント」として登録しておくことで呼び出し時に付与したパラメータを取得できるようになります。

イベント登録画面

「adblocker」イベントを登録

イベント登録画面1

まとめ

あとはアドブロック利用時に反応するイベントをセグメント条件に登録すれば、アドブロック利用者を抽出する訪問者セグメントが作成できそうです。全体の訪問者に占めるアドブロック利用者の割合を計測したり、セグメントを切り出す軸に利用することが考えられます。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

ネイティブ広告と記事広告の違いってなに?!

こんにちは、プラットフォーム・ワンの新卒1年目Yukaです!! ここ数年よく耳にし、さまざまな媒体で目にするネイティブ広告。 しかし、今までの記事広告といったいなにが違うのー?!?!?! ということで調べてみました。 ネイティブ広告(Native Ads) デザイン、内容、フォーマットが、媒体社が編 …

「初めての動画広告~①VAST編~」

2015年新卒入社の池田です。 「TVで動画コンテンツをみる時代」から「ネットで動画コンテンツをみる」時代になった今日このごろです。 「私もいっちょまえに動画広告を扱ってみたい・・・!!」と生意気にも思うようになりまして。 しかし、つい2か月前までド文系大学生だった池田は果たして動画広告を扱えるよう …

video.jsを使ったインバナー動画広告のHTMLタグを作ってみた

こんにちは、プラットフォームワンのyamakenです。久しぶりの投稿です。 今回は、 インバナー動画広告 のHTMLタグを作ってみます。 「今年は動画広告元年!」という声が私の入社以来毎年聞こえており、私の担当するMarketOneDSPでも年始にインストリーム動画RTB対応をリリースするなど、市場 …

Google IMA SDK で動画アプリに広告を入れてみた〜iOS編〜

新卒のjotakaです。 スマホアプリに動画広告を出すためのSDKを導入してみたいと思います。 ここでのSDKはアプリへ簡単に機能追加するためのframeworkやlibraryと言う方がわかりやすいかもしれません。 アプリ開発者が動画広告用のSDKを使用するメリットとして、例えば動画広告の仕様であ …

アドブロッカーに対抗してアドチェッカーを作ってみた

iOS9のSafariでコンテンツブロック機能が登場し、サイト上の広告を非表示にするアドブロックの存在が世に広まりました。 これを機にCrystalを始めとする数々のアドブロッカーアプリが登場しています。 PCブラウザでもAdblock Plusを始め、ブラウザの拡張機能で広告を非表示にして表示速度 …

【DMP】ピギーバックってなに

アドテクに関わる方であれば、よく耳にするであろう「ピギーバック」をシンプルに説明してみようと思います。 「piggyback/ピギーバック」は 「おんぶ」「背負う」に当たる言葉です。 アドテクでピギーバックというと、タグのピギーバックのことを指すことが多いように思います。 タグは、サイトに導入する小 …

ES5とES6でアドタグを作ってみた

はじめに アドテク問題(広告表示編)のQ7を元にネイティブ広告を表示するアドタグをES5とES6で作ってみました。 処理の流れ 大きな処理の流れは以下の通り 広告要素取得処理 サーバからタイトル/説明文/画像URLの取得を行う フォーマット処理 取得した要素を表示するページに最適化した形にフォーマッ …

オトナの常識、消費者プライバシー保護(前編)

どうも、広告技術研究室のダーハラです。    何やってる人? 広告技術研究室の業務は多岐に渡るのですが、僕の仕事は海外のアドテクノロジーの動向や関連する技術環境の変化を調べて、経営陣や開発部隊にフィードバックするといったことを主な業務としています。 とてもやり甲斐のある仕事なのですが、仕事 …

Safari10(iOS10)のインライン動画再生についてまとめてみた

はじめに Safari10からvideoタグを用いたインライン動画再生ができるようになったので、挙動を調べてみました。 Safari 10.0 検証環境 項目 詳細 開発環境 Xcode8.0 検証端末 iPhone7 Simulator ブラウザ iOS Safari / UIWebView / …

【タグマネジメント】GoogleTagManagerでイベントリスナーを使う

タグマネジメントとは タグマネジメントとは、広告効果測定ツールや、サイト解析ツールなどで利用している『HTMLタグ』の管理を行うことをいいます。 タグマネジメントツールでは、Webサイトの全ページに各タグマネジメントツールが発行する1つのタグを設置するだけで、あらゆるHTMLタグを管理画面上で登録す …