ECMAScript6を使ってみた ~「Promise」編


ECMAScript6とは

一応ちょっとだけ説明しておくと、
ECMAScript(エクマスクリプト)は、Ecma Internationalによって標準化されたスクリプト言語で、バージョン6が2015 年 6 月 17 日に標準仕様として発行されました。(以下、ES6と呼びます)

ES6ではconstやlet、デフォルトパラメータ、arrow function、Set/Map,Symbolなど
新しい仕様がたくさん追加されていますが、今回はPromiseを使ってみたいと思います。

ちなみに各ブラウザの実装状況は以下のサイトで確認できます。
https://kangax.github.io/compat-table/es6/

Promiseとは

Promiseは非同期処理を抽象化したオブジェクトとそれを操作する仕組みです。
細かくは以下のサイトを見てもらったほうが早いでしょう!

JavaScript Promiseの本

JavaScript Promises: There and back again – HTML5 Rocks

Promiseを使ってJSONPを実装してみた

具体的な活用方法が思いつかなかったので、とりあえず簡単なところで
アドテクで割とよく使われるJSONPでデータを取得する処理をPromiseを使って実装してみました。

  • リクエスト先
    http://yebisupress.dac.co.jp/wp-content/uploads/2015/07/jsonp.js
    内容 (単純にcallbackするだけのjsです)

[code language=”javascript”]
callback({
result : "Hello ES6!"
})
[/code]

ES6(Promise)を利用しない場合

[code language=”javascript”]
var jsonp = function(url, success, failure) {
window.callback = function(res){
success(res)
};
var base = docu