x-callback-urlを使ってみた


x-callback-urlとは?

iOSのアプリ間連携の仕様の一つみたいです。簡単に言うと、ディープリンクを行うためにカスタムURLスキームを利用するが、アプリ毎にバラバラな規則でURLスキームを設定するとアプリ間連携をスムーズに行うことができないため、どのような規則でURLスキームを設定するかを仕様としてまとめたのが、x-callback-urlみたいです。

http://x-callback-url.com/

iOSのディープリンク周りだと、AppleWWDC2015でApp Searchという機能が発表されてました。

https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/releasenotes/General/WhatsNewIniOS/Articles/iOS9.html#//apple_ref/doc/uid/TP40016198-DontLinkElementID_1

詳しく読んでませんが、Google検索用AppIndexing(https://developers.google.com/app-indexing/webmasters/?hl=ja)みたいな感じなのかなと思います。

Androidは?

x-callback-urlはiOS用の仕様のため、Androidも同じものがないか調べてみましたが見つからず。。。
厳密には違いますが、Android版は、さきほど登場したGoogle検索用AppIndexingでしょうか。
知っている人がいたら教えてください。

そもそもAndroidは、アプリからintentで別アプリを起動しても、戻るボタンでアプリに戻ることができるので、
そこまでの機能が必要ないのかもしれないです。

ただし、x−callback−urlで規定されているようなインターフェースは、
アプリ毎に異なってしまうため、同じような仕様が必要な気がします。

アプリの対応状況は?

そんなx-callback-urlですが、対応しているアプリは以下の通りです。

http://x-callback-url.com/apps/

有名どころだと、Evernote / Google Chrome / Google Maps / Tumblr for iOS / クックパッドのアプリが対応しているみたいです。

ちなみにFacebookやTwitterは、独自仕様です。

Facebook
https://developers.facebook.com/docs/applinks/overview
Twitter
https://dev.twitter.com/ja/cards/mobile

使ってみる

iOS版Chromeが対応しているということで、サンプルアプリを作って連携させてみました。

Opening links in Chrome for iOS
https://developer.chrome.com/multidevice/ios/links#enabling-a-callback-with-x-success
GoogleChrome/OpenInChrome
https://github.com/GoogleChrome/OpenInChrome.git

このgitに上がっているサンプルアプリのソースを元にswiftで写経しました。

ソースはここにあげました。
https://github.com/takuhou/x-callback-url

アプリのキャプチャはこんな感じ。

遷移

※なぜがアプリ名が表示されずnullになりました。

無事アプリからChromeを起動して、またアプリに戻ってこれました。

で、x−callback−urlの仕様はこんな感じ。

x−callback−url

Chromeのx−callback−url

考察

Facebook/Twitterは独自仕様、x−callback−urlという仕様が存在し、App Searchもあり、AppIndexingもあり、
ウェブtoアプリやアプリtoウェブも考えなければいけない。

これらを差分をまるっと吸収してくれる、ワンディープリンクソリューションがあれば嬉しいと思ったのは、
僕だけではないはずです。

というか既にあると思うので調べたほうがいいですね。

後、x-callback-urlを実装しているライブラリがあるので、これを使うと便利みたいです。
https://github.com/tapsandswipes/InterAppCommunication

x-callback-url対応アプリのIF

Evernote
https://github.com/evernote/evernote-ios-x-callback-url
GoogleMaps
https://developers.google.com/maps/documentation/ios/urlscheme
Tumblr for iOS
https://github.com/tumblr/TMTumblrSDK#url-schemes


DACエンジニア採用情報

  関連記事

【HTML5】4ツール出力ファイルサイズ比較

こんにちは、近江です。 前回もHTML5のSwiffyについて書かせて頂きましたが、まだまだHTML5について調査しています。 今回はSwiffyを含めた4つのHTML5系ツールで、同じ素材で同じアニメーションを作成した時のファイルサイズを比較したいと思います。 何故ファイルサイズの比較をするかと言 …

Vagrantの機能を使って開発環境の効率をあげてみた。

プラットフォーム・ワンのシステムの運用・保守担当のエンジニアです。 保守の仕事に関わると、 ユーザからのお問い合わせだったり、監視アラートによる検知から システムを調査することがあります。 ログとソースコードを見て、不具合を特定し改修する。 すぐできればカッコいいですが、 「本番環境に反映して別のエ …

いまさらですが… GNU screen チートシート

最近はローカル環境で開発するようになってきたので、screen コマンドを使う機会も少なくなって来たような気がします。で、使ってないと忘れてしまうので、チートシートを作ってみました。 参照サイト GNU screen [quick_reference] 起動 コマンド 動作 screen -S &l …

kubernetes の全ノード上で同じコンテナを動かす

今回は、kubernetes上で同一コンテナを全ノードで動かす方法を紹介したいと思います。kubernetes自体の起動方法はここでは割愛します。 はじめに 以前、CoreOSのFleet上でmackerel-agentを動かすということを行いました。今回は、kubernetes上で同じようにクラス …

クラウド電話API “Twilio”で起こされてみた

どうも、開発部のクラヴマガです。 弊社サービスも最近はAWSの様なクラウド環境でサービスを構築することが多くなりました。 そこで問題になるのが、障害などによる深夜対応・・・。 データセンターに物理サーバをおいていた頃は、データセンターから障害発生時に 電話連絡をもらっていたのですが、クラウド環境では …

Burpの使い方!

こんにちは、第二ソリューション開発部の谷口です。 受託開発の部署で開発を担当してます。 APIを扱う機会が多く、今回は通信内容を確認するためのローカルプロキシツール「Burp」について書かせて頂きます。 Burpとは Webアプリケーション開発時の検証において、Webサーバとブラウザ間の通信内容を確 …

自社サービスのDocker化(前編)

こんにちは。 インフラ開発部の上田です。 普段は自社開発システムのインフラ担当として、日々頑張って仕事をしています。 今回は、近年話題になっているDockerについて、取り上げてみようと思います! なぜDockerなのか・・・? そもそもDockerとは何か・・・?   当社では様々なサー …

Charlesを使ってスマホアプリ(iOS)のUAを調べてみた

はじめに ここ最近のスマホアプリには、Webブラウザの機能を実装したものが少なくありません。 (“スマホアプリ内で立ち上がるブラウザ「アプリ内ブラウザ」”の機能は「WebView」というコンポーネントを用いて実装されています。) 昨今のWebサイト、サービス運営に於いて、「通 …

Tableauを利用してMySQLとRedshiftのクロスDBジョインを実現する

はじめに RedshiftやTreasureDataなどのデータマート用のDBにはID単位の解析結果が格納され、ローカルのMySQLにはIDに紐づいた名称マスタが管理されている構成の場合、データマートのクロス集計結果に対してIDに紐づいた名称を付与したいことがあります。 データマート用に用意したDB …

fastavroとjqでAVRO形式のファイルからデータを取得しよう

AVRO形式のファイルを取り扱いたい AVROとはApacheプロジェクトのひとつとして開発されているデータ交換形式です。 コンパクトなバイナリで高速なシリアライズ・デシリアライズが行えるため、サーバーログなどに利用されています。 弊社内での一部システムのログデータにも利用されているのですが、専用の …