Railsたった14行でアドサーバーAPIができた話

     - プログラム言語 ,  


こんにちは。駆け出しエンジニアの近江です。

最近Railsにハマっているので、私が2年間担当しているアドサーバの、簡易版をRailsで作ってみました。
広告やキャンペーンを登録する管理画面はある前提で、ここからたった14行追加するだけでアドサーバーのHTTP APIを作りたいと思います。ついでに配信期間の制御も入れたいと思います。
 

テーブル構成

まずホーム画面イメージです。
oomi_capture1

キャンペーン、広告、サイト、エリア、サイズ、広告主の6つのテーブルがあります。 広告のアップロードは※CarrierWaveを使ってユーザーがローカルから画像アップロードしたら指定したディレクトリに保存されるようにしてます。

※CarrierWave…ファイルアップロード用のgemで、画像アップロードした時の保存先や表示する際の参照先などが簡単に実装できます。

 

キャンペーン作成

キャンペーン作成画面です。
oomi_capture2
キャンペーン作成前に広告、サイト、エリア、サイズ、広告主を先に登録しておきます。 登録したデータはこのキャンペーン作成画面でプルダウンから選べるようになってます。 配信期間は開始、終了日時をプルダウンから選択します。 後ほど説明するAPIのところで、配信期間内でなければ画像を表示しないようにするためです。

 

API作成

ユーザーがURLで枠情報を指定してAPIとして叩けるように、API用のルーティング設定を行います。

まずはAPI用のコントローラーの作成
rails g controller Apis

次にルーティング設定
vi config/routes.rb(一番下の2行を追加!)

Rails.application.routes.draw do

  root 'top#index'

  resources :advertisers
  resources :sites
  resources :areas
  resources :sizes
  resources :creatives
  resources :campaigns

  resources :apis
  get '/api/SITE=:site/AREA=:area/SIZE=:size' => 'apis#index'

 

ルーティング設定に追加された事を確認(一番下がAPIに使うURLの定義です。)
rake routes

           apis GET    /apis(.:format)                                 apis#index
                POST   /apis(.:format)                                 apis#create
        new_api GET    /apis/new(.:format)                             apis#new
       edit_api GET    /apis/:id/edit(.:format)                        apis#edit
            api GET    /apis/:id(.:format)                             apis#show
                PATCH  /apis/:id(.:format)                             apis#update
                PUT    /apis/:id(.:format)                             apis#update
                DELETE /apis/:id(.:format)                             apis#destroy
                GET    /api/SITE=:site/AREA=:area/SIZE=:size(.:format) apis#index

 

コントローラーの設定
vi app/controllers/apis_controller.rb(9行追加!)

class ApisController < ApplicationController
  def index
    @campaign = Campaign.find_by(site: params[:site], area: params[:area], size: params[:size])
    @creative = Creative.find_by(name: @campaign.creative)
    if @campaign.startdate > DateTime.now || @campaign.enddate < DateTime.now
      @creative = nil
    end
  end
end

このコントローラーの設定で、URLからパラメータを受け取り、データベースからキャンペーンを特定し、
該当するキャンペーンの広告名に紐づくデータをクリエイティブテーブルから取得します。
そしてここで配信期間を確認します。 現在時刻が該当したキャンペーンの配信期間内でなければ、取得したクリエイティブテーブルの中身をnilにしています。

 

表示部分
vi app/views/apis/index.html.erb(3行追加!)

<% if @creative %>
<%= image_tag @creative.file.url  %>
<% end %>

コントローラーから受け取ったクリエイティブデータを確認し、trueであれば画像を表示する。nilになってたら表示しない。

 

実際にAPIを叩いて画像が返ってきた時のブラウザイメージ
oomi_capture3

はい、ソースに2+9+3=14行追加するだけでHTTP APIを作ることができました。

まだ配信期間の判定しかできてないですが、更に広告をローテーションしつつimpを考慮してキャンペーンの選択ができるようになると、だいぶアドサーバらしくなるので、どんどん機能拡張していきたいと思います。
弊社のアドサーバーラインナップに並ぶ日も近い!?

 


DACエンジニア採用情報

  関連記事

index
Android 非同期処理についてまとめてみた

Androidには、UIに影響を与えないよういくつか非同期処理が用意されています。 今回は非同期処理の代表的な ・Service ・IntentService ・HandlerThread について違いを踏まえながらまとめます! 非同期処理について(http://codezine.jp/articl …

no image
【小ネタ】Javascriptのconsoleオブジェクトをもっと便利に使う方法

すごく便利なconsoleオブジェクトですが、ブラウザによってサポートされているメソッドが なかったり、そもそもconsoleオブジェクトが使えなかったりと、たまに不便だったりします。 そんなときによく使う便利なコード。 使い方はconsoleと同じようにlogger.log,logger.grou …

スクリーンショット 2015-07-31 16.41.25
【未経験からのRuby on Rails – 第3回】変数と定数

こんにちは。新卒1年目のmatsuariです。 今回はRubyに限らずプログラミングを学ぶ上で非常に重要となる「変数と定数」について、ご紹介していきます。 変数とは・・・ オブジェクトを一時的に格納しておく箱で、オブジェクトを識別するために利用します。 言葉だけでは理解が難しいかと思いますので、まず …

swift
iOS端末情報をTreasureDataに送るアプリをswiftで作ってみた。

はじめまして、2年目のOyamanです。 通常業務とは別のことになりますが、Swiftに触れる機会が少しあったので、スマホ関連の記事を書かせていただきます。 はじめに SwiftとTreasureDataのSDKを使って、 iOSの端末情報をTreasureDataへ送るアプリを作ってみます。 今回 …

tf
ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

14391226325_8c35c2a652_z
D3.jsとその活用事例について

D3.jsとは? D3とは「Data Driven Document」の略で、データに基づいてドキュメントを操作するための JavaScript ライブラリです。 ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとだけD3.jsの基本的な使い方、そして弊社プラットフォームでの利用についてご紹介したいと思います。 …

no image
Angular.jsのvalueとfactoryの違いを考える

次のようなHTMLがあったとする。 valueとfactoryの違いを考える valueもfactoryもcontrollerから利用する値やfunctionを登録しておくのに使う。そのようなcontrollerの外部に登録されているfunction等をサービスと呼ぶ。たとえば、下記のようにplus …

question
読み方がわからない技術用語 2015

英語圏での読み方を基本的には参考にしています。英語圏でも複数の読み方をしているケースもあるようなので、あくまでも参考程度。2015と書きながら、古い言葉も混じってますが。 async – えーしんく Alt – おると ASUS – えいすーす bower &#8 …

promise
ECMAScript6を使ってみた ~「Promise」編

ECMAScript6とは 一応ちょっとだけ説明しておくと、 ECMAScript(エクマスクリプト)は、Ecma Internationalによって標準化されたスクリプト言語で、バージョン6が2015 年 6 月 17 日に標準仕様として発行されました。(以下、ES6と呼びます) ES6ではcon …

shogi
ナイーブベイズで羽生さんと羽生くんを分類してみた

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 機械学習についての理解を促進するため、 データから分類モデルを自動で構築する古典的な方法である、 ナイーブベイズ分類器を実装してみました。 最近はCloudVisionAPIなど専ら画像解析が流行っていますが、 自分のような初学者には敷居が高そうだっ …