オトナの常識、消費者プライバシー保護(後編)


プライバシーが保護されていると期待できなくなってしまった国とは?
『オトナの常識、消費者プライバシー保護(前編)』はこちらから

 

 

 

 

 

 

正解はアメリカです。

スノーデン事件といえば、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

 

スノーデン事件とアメリカ

事件のあらましを紹介しますと、2013年6月6日に、Washington Post紙とThe Guardian紙が、アメリカ国家安全保障局(以下NSA)が、AppleやGoogle、Facebook、Microsoftなどの企業のウェブサーバに直接アクセスして、ユーザーのデータを収集する「PRISM」という取り組みを行っていると報じました。報道の3日後にはアメリカ中央情報局(CIA)元職員のエドワード・スノーデン氏が、自らをリーク元であると発表しました。The Guardianのオンライン版は、NSAが通信会社のVerizonに対しても、国内外の通話に関する全情報を継続的にNSAに提出するように要請していると報じ、入手した極秘文書をウェブ上で公開したため、アメリカ国内は大騒ぎになりました。しかも、この取り組みはアメリカ以外の国に対しても行っていたとのことで、世界中を巻き込んだ議論となりました。

※事件の記述については、下記を参考にしました。
「スノーデン事件」とは何か!?〜元CIA職員が暴いた米個人情報収集問題の謎! | nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/article/matome/20130625/355755/

僕ら日本人にとっては対岸の火事のように感じられるかもしれませんが、アメリカではもう価値観が変わるくらいの衝撃として受け止められています。なぜって、これまで自分が親しい友人や家族に送っていた電話やメッセージが、政府に盗聴されていた可能性があるからです。(ちなみに、同盟国である日本の大使館も盗聴されていたことがわかっています)

また、NSAにデータ閲覧を許していた企業の存在は、消費者の企業全体への不信感へと繋がりました。今や各企業は自社のデータ管理や活用方法の潔白を消費者に説明することに躍起となっています。(ふわっとした利用規約を書きがちな日本の企業とは全然違いますね。)

 

SXSWとプライバシー保護

今年の3月に、僕はアメリカ テキサス州オースティンで毎年行われている音楽・映画・テクノロジーの祭典、SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)に行ってきたのですが、スノーデン事件から約2年が経っているにもかかわらず、変わらずホットな話題でした。

Twitterやfoursquareを輩出したことで有名なSXSW Interactive Awardですが、同賞にはIoT部門やニューエコノミー部門と並んで、プライバシー&セキュリティ部門があります。今年は検索の暗号化とトラッキングの検知をしてくれる「Disconnect」アプリが受賞していました。

Disconnectアプリは、オンラインにおける監視や不正なトラッキングを検出し、検索などのユーザーアクションを匿名化してくれるアプリ(有料版にすることで、アプリ内検索以外も匿名化)。PCブラウザの広告などのトラッキングをブロックしてくれる拡張機能も提供しています。 https://disconnect.me/

さらに、SXSW Interactiveには5日間で約1,000のセッションがありますが、そのうちプライバシー系のセッションだけで、なんと約40セッションもあります。 (日本人の参加が年々増えているSXSWですが、プライバシー系のセッションに出ていたのは僕だけでした。 ダーハラ・エクスクルーシヴ!)

中でも、渡米前からどうしても聞きたいと思っていたセッションがありました。それはインターネットにおける匿名性を主張する活動家のセッションです。そのIan MacDowell氏による「Hiding in Plain Sight, Anonymizing the Internet」のセッションでも、NSAの監視に限らず、企業による不透明なデータ収集が問題視されていました。

IMG_1765

(この人“も”見た目怪しいですが、優しい話し方をされていました。やはりギャップは大事ですね。)

 

自衛しはじめたアメリカ人

彼のセッションでは、自衛の手段として「Tor」や「Ghostery」などのサービスが紹介されました。
セッションで紹介されたサービスと、僕自身の知っているサービスを合わせ、プライバシー保護に関するサービスを以下まとめました。
目的ごとに二分類されると思われます。

★通信経路/データの保護

  • 匿名携帯電話「BlackPhone」(セキュアなOS「PrivatOS」+「Disconnect」+「SpiderOak」)
  • 暗号化された通話アプリ「Silent Phone」
  • 暗号化されたテキストメッセージンアプリ「Silent Text」
  • 暗号化された電話帳アプリ「Silent Contact」
  • セキュアなクラウドストレージ「SpiderOak」
  • P2Pの匿名通信システム「Tor」
  • 非パーソナライズの検索エンジン「DuckDuckGo」

★データ収集の可視化、ブロック

  • スパイウェア、トラッキングビーコン検出プラグイン「Privacy Badger」
  • トラッキング検出プラグイン「Ghostery」
  • トラッキング検出プラグイン・アプリ「Disconnect」

このように、アメリカでは国家および企業によってプライバシーが脅かされていることへのカウンターとして、消費者をエンパワーメントするサービスが、雨後の竹の子のように出てきています。

一方で、日本はまだ「データ収集のために電源節約アプリを作って~」みたいな能天気な話がまかり通っている気がします。

 

最後に

僕は、プライバシー保護に関するパラダイムが変わっていることに、業界を超えて気づいてほしいと思っています。

ちょうどこの原稿を書いているときに日本年金機構の情報漏えいが起きて話題になっていますが(これはセキュリティの話)、いつか何か問題があって信用を無くしてから慌ててプライバシー保護を強化するのでなく、消費者のプライバシーは保護するのが当然であると認識して、先手を取って然るべき保護体制の構築やアーキテクチャの設計をしてほしいと思っています。
そうでなければアメリカのように、消費者が企業に見切りをつけて、自身でプライバシー保護するような事態になってしまいます。

僕の仕事は、そのような事態にならないように、DACグループおよび業界全体のプライバシー保護施策を進めることです。ある意味、消費者のプライバシー保護とアドテクノロジーによるデータ活用のバランスを取る仕事だと思っています。
(学生時代、ネガティブに捉えられがちだった「匿名性」の積極的意義を見出す研究をおこなっていた自分にとって、プライバシーの保護はこれ以上ないテーマだと思っています)

 

 

…と、最後堅くなってしまいましたが、気を取り直して次回予告です。

 

さーて、来週次回のダーハラさんは♪

yokoku

(あたりを書こうと思います。リクエストも受け付けています)

ジャン、ケン、ポンッ! ウフフ…♪

 

最後に宣伝ですが、セミナー等で真面目に話をさせていただくこともありますので、ここに書いていないSXSWのプライバシーセッションの話など、ご興味ありましたらぜひお誘いいただけますと幸いです。

メールする

また、このエントリを面白いと思ってくださった上司の皆々様方は、僕に「BlackPhone」を買ってくださいますと幸甚の至りでございます。

 ※現在は買えないようです(泣)

最後の最後に正直言いますと、僕は“はてな民”なので「はてブ」が大好物でございます。どうぞ清き一ブックマークを!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダーハラ

 


DACエンジニア採用情報

  関連記事

playlist
解説、VMAP!

どうも動画といえば僕です。Rhiannonです。 前回、前々回と動画ファイル自体についての記事を書きましたが、今回はVMAPについて解説しようと思います。 VMAPって聞いた事あるけど仕様書が英語だし読むの大変だと思っていた方の理解の一助になれば幸いです。   VMAPとはなんぞや? VM …

Apple-Releases-Safari-10-Developer-Beta-3-for-OS-X-Yosemite-and-El-Capitan
Safari10(iOS10)のインライン動画再生についてまとめてみた

はじめに Safari10からvideoタグを用いたインライン動画再生ができるようになったので、挙動を調べてみました。 Safari 10.0 検証環境 項目 詳細 開発環境 Xcode8.0 検証端末 iPhone7 Simulator ブラウザ iOS Safari / UIWebView / …

videojs
video.jsを使ったインバナー動画広告のHTMLタグを作ってみた

こんにちは、プラットフォームワンのyamakenです。久しぶりの投稿です。 今回は、 インバナー動画広告 のHTMLタグを作ってみます。 「今年は動画広告元年!」という声が私の入社以来毎年聞こえており、私の担当するMarketOneDSPでも年始にインストリーム動画RTB対応をリリースするなど、市場 …

20140930220910
AudieneOneでアドブロック利用者を抽出する訪問者セグメントを作ろう

はじめに iOS 9のコンテンツブロッカーによって盛り上がったアドブロック論争。アドブロック自体はPCブラウザ用プラグインで昔からできていたことなのですが、さらに普及していくのかもしれません。 アドブロックの仕組みが普及するのはインターネット業界全体の損失につながりかねない話ではあるのですが、その一 …

IAB
Ad Tech Conference~海外アドテク系カンファレンスに行ってきた~

こんにちは、田畑です。   前回のエントリから早一か月、どのように書こうかなぁと考えているうちに時間が経ってしまいました。前回はそもそも自分の部署が何をしているのかといったところを書いたので、今回は実際に情報収集の場として利用している各種カンファレンスの様子について書いてみました。 &nb …

IMASDK
Google IMA SDK で動画アプリに広告を入れてみた〜iOS編〜

新卒のjotakaです。 スマホアプリに動画広告を出すためのSDKを導入してみたいと思います。 ここでのSDKはアプリへ簡単に機能追加するためのframeworkやlibraryと言う方がわかりやすいかもしれません。 アプリ開発者が動画広告用のSDKを使用するメリットとして、例えば動画広告の仕様であ …

no image
【動画広告】VASTって何?

こんにちは、FlexOne推進部の近江です。 私は新卒入社2年目でアドサーバーや動画ソリューション(OVP)のサポート、開発を担当しています。 今回は動画広告のプロトコル「VAST」について書かせて頂きます。   ここ数年動画のくるくる詐欺がありましたが、昨年はHulu、ユーチューバー、見 …

20140922035644
アドテク問題(広告表示編)

アドテクエンジニア向けの問題を考えました。 お題は「広告表示」です。 以下お題に沿った「アドタグ」を作成し、広告を表示してみてください。 全部で9問あるので、興味のある人はやってみてください。 難易度は、ちょうどいいくらいです。 全部できた人は、採用担当までご連絡ください。 Q1.バナー広告を表示し …

6914441342_605f947885
Treasure Dataの新機能(Data Tank)をAudienceOneのレポート機能で利用した話

Data Tankとは? Treasure Dataの新機能でTreasure Dataのプラットフォーム上に構築されたデータマートです。 Tableau等のBIツールとの接続を想定されており、AWSでいうところのRedshift的なものだと考えるとわかりやすいかと。 Data TankはPostg …

プログラミング
ES5とES6でアドタグを作ってみた

はじめに アドテク問題(広告表示編)のQ7を元にネイティブ広告を表示するアドタグをES5とES6で作ってみました。 処理の流れ 大きな処理の流れは以下の通り 広告要素取得処理 サーバからタイトル/説明文/画像URLの取得を行う フォーマット処理 取得した要素を表示するページに最適化した形にフォーマッ …