オトナの常識、消費者プライバシー保護(前編)


どうも、広告技術研究室のダーハラです。
karesansui

 

 何やってる人?

広告技術研究室の業務は多岐に渡るのですが、僕の仕事は海外のアドテクノロジーの動向や関連する技術環境の変化を調べて、経営陣や開発部隊にフィードバックするといったことを主な業務としています。

とてもやり甲斐のある仕事なのですが、仕事の性質からくる悩みがあります。
それは、同期にも「あいつ、何の仕事やっているんだ?」と思われていることです… orz (僕の見た目と相まって、怪しさ200%!!)

今回こうしてブログを書く機会をいただけたので、理解促進(僕という人間の)を図るべく、仕事に関係するトピックについて書こうと思います。

先ほど「関連する技術環境の変化を調べている」と書きましたが、「プライバシー」はアドテクノロジーと非常に関係しています。

 

アドテクとプライバシー保護

現在、消費者プライバシーの保護は、アドテクノロジーにおけるターゲティング技術の進化に伴って、ネット広告業界をあげて取り組まなければいけない課題となっています。
2000年代中頃には既に行動ターゲティング広告という形で、媒体社に設置されたタグを通じて情報を収集し、ユーザーをセグメントと呼ばれる固まりに分類したうえで、任意のセグメントへターゲティング広告が配信されていました。
サイトで収集される行動履歴情報は個人情報ではないものの、ユーザーのプライバシーに関する情報であるとして、媒体社はサイト訪問者に対して、ポリシーに行動ターゲティング広告を行うためにデータを収集していることを記載し、オプトアウトと呼ばれるターゲティング広告からの離脱手段を提供するという形で、保護を行っていました。

しかし昨今では、

  1.  ウェブマーケティング進展により、広告主サイトにおける訪問・閲覧履歴が活用対象化
  2.  スマートデバイス普及により、従来収集し得ないデータ(詳細な位置情報など)が活用対象化
  3.  データ連携が容易になり、広告主がCRM等で保有する個人に関連する情報が活用対象化

などの変化が起こったことで、ターゲティングの高度化が進みました。

反省も含みますが、こうしたアドテクの進化は消費者を置き去りにして一気に進んでしまいました。
その帰結が、よく聞く「ECサイトを見ていたら、その商品が広告に表示されるようになって気持ち悪い」になります。

もちろん各事業社は、業界団体であるJIAAを中心に他業界に先駆けてガイドラインを作成し、「通知と選択」の原則にのっとって、プライバシー保護を進めてきたのですが、それでも消費者に対する教育(と言うとおこがましいですが)や啓発が圧倒的に足りていないのです。

※DACもこれまでプライバシー保護施策の一環として、①データ利用に関するサービスごとのポリシーページを作成したり(DAC発案!)、②DDAIという業界団体を立ち上げて共通オプトアウトページを作成したり、③インフォメーションアイコン(広告クリエイティブ上に表示されているiのマーク)を率先してDSPに導入するなど、消費者にとって自らの情報がどのように扱われているか理解でき、場合によってはターゲティング広告を拒否できるようにする活動も行ってきましたが、まだまだ十分ではないと思っています。

このような状況にも関わらず、消費者プライバシー保護の重要性をいまいち理解されていない方も業界でちらほら見受けられます。重要性はわかっているけど自発的にキャッチアップしないとか、ビジネスチャンスを優先してしまうとか。

そこでショック療法ではないですが、極端な例を出して重要性をご理解いただきたいと思っています。

今回書かせていただくのは、自分たちのプライバシーが保護されていると期待できなくなってしまった国で起こっている話になります。 はたして、それはどこの国でしょうか?

 

正解は『オトナの常識、消費者プライバシー保護(後編)』にて!


DACエンジニア採用情報

  関連記事

big-brother2
オトナの常識、消費者プライバシー保護(後編)

プライバシーが保護されていると期待できなくなってしまった国とは? 『オトナの常識、消費者プライバシー保護(前編)』はこちらから             正解はアメリカです。 スノーデン事件といえば、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。 & …

gtm
【タグマネジメント】GoogleTagManagerでイベントリスナーを使う

タグマネジメントとは タグマネジメントとは、広告効果測定ツールや、サイト解析ツールなどで利用している『HTMLタグ』の管理を行うことをいいます。 タグマネジメントツールでは、Webサイトの全ページに各タグマネジメントツールが発行する1つのタグを設置するだけで、あらゆるHTMLタグを管理画面上で登録す …

IAB
Ad Tech Conference~海外アドテク系カンファレンスに行ってきた~

こんにちは、田畑です。   前回のエントリから早一か月、どのように書こうかなぁと考えているうちに時間が経ってしまいました。前回はそもそも自分の部署が何をしているのかといったところを書いたので、今回は実際に情報収集の場として利用している各種カンファレンスの様子について書いてみました。 &nb …

プログラミング
ES5とES6でアドタグを作ってみた

はじめに アドテク問題(広告表示編)のQ7を元にネイティブ広告を表示するアドタグをES5とES6で作ってみました。 処理の流れ 大きな処理の流れは以下の通り 広告要素取得処理 サーバからタイトル/説明文/画像URLの取得を行う フォーマット処理 取得した要素を表示するページに最適化した形にフォーマッ …

no image
SafeFrameでリッチ広告をセキュアに実現

アドサーバ(広告配信サーバ)は、通常iframeで広告のクリエイティブを配信している。(JS配信とかに対応しているアドサーバもある) 通常のセキュリティだとiframeの中身(srcで実際に表示されている側)がiframeを操作する事はできない。つまりexpandなどのリッチ広告、特に表示領域を変更 …

IMG_4673
Ad Tech Conference~海外アドテク系カンファレンスに行ってきた②~

はい、テクノロジー戦略部の田畑です。 アドテク系イベントに行ってきた②ということで、前回書ききれなかったところを書きます。   ~前回のおさらい~ 1.11月にNYのアドテク系イベント3つに行ってみた。 2.Fraud、Viewability、Programatic Directがキーワー …

SCA_and_Discovery_after_return_to_flight,_2005
【DMP】ピギーバックってなに

アドテクに関わる方であれば、よく耳にするであろう「ピギーバック」をシンプルに説明してみようと思います。 「piggyback/ピギーバック」は 「おんぶ」「背負う」に当たる言葉です。 アドテクでピギーバックというと、タグのピギーバックのことを指すことが多いように思います。 タグは、サイトに導入する小 …

6914441342_605f947885
Treasure Dataの新機能(Data Tank)をAudienceOneのレポート機能で利用した話

Data Tankとは? Treasure Dataの新機能でTreasure Dataのプラットフォーム上に構築されたデータマートです。 Tableau等のBIツールとの接続を想定されており、AWSでいうところのRedshift的なものだと考えるとわかりやすいかと。 Data TankはPostg …

iab-vast-logo
「初めての動画広告~①VAST編~」

2015年新卒入社の池田です。 「TVで動画コンテンツをみる時代」から「ネットで動画コンテンツをみる」時代になった今日このごろです。 「私もいっちょまえに動画広告を扱ってみたい・・・!!」と生意気にも思うようになりまして。 しかし、つい2か月前までド文系大学生だった池田は果たして動画広告を扱えるよう …

20140930220910
AudieneOneでアドブロック利用者を抽出する訪問者セグメントを作ろう

はじめに iOS 9のコンテンツブロッカーによって盛り上がったアドブロック論争。アドブロック自体はPCブラウザ用プラグインで昔からできていたことなのですが、さらに普及していくのかもしれません。 アドブロックの仕組みが普及するのはインターネット業界全体の損失につながりかねない話ではあるのですが、その一 …