Angular.jsのvalueとfactoryの違いを考える


次のようなHTMLがあったとする。

[code language=”html”]
<!doctype html>
<html lang="jp" ng-app="App">
<head>
<meta charset="utf-8">
<script src="bower_components/angular/angular.js"></script>
<script src="app.js"></script>
</head>
<body>
<div ng-controller="Ctrl">
Value:{{answer}}
</div>
</body>
</html>
[/code]

valueとfactoryの違いを考える

valueもfactoryもcontrollerから利用する値やfunctionを登録しておくのに使う。そのようなcontrollerの外部に登録されているfunction等をサービスと呼ぶ。たとえば、下記のようにplusminusといったサービスがあったとする。

[code language=”js”]
angular.module(‘App’,[])
.value(‘plus’, function(a,b){ return a+b; }) //plusサービス
.value(‘minus’, function(a,b){ return a-b; }) //minusサービス
.controller(‘Ctrl’,
["$scope", "plus", "minus",
function($scope, plus, minus){
$scope.answer = minus(plus(3,2),1); // 4
}
]
);
[/code]

下記のように、plusminusを組み合わせたplus_minusというサービスを作りたいが、plus_minus内からplusminusは参照することができない。

[code language=”js”]
angular.module(‘App’,[])
.value(‘plus’, function(a,b){ return a+b; })
.value(‘minus’, function(a,b){ return a-b; })
.value(‘plus_minus’,function(a,b,c){
return minus(plus(a,b),c); // minusやplusが参照できない
})
.controller(‘Ctrl’,
["$scope", "plus_minus",
function($scope, plus_minus){
$scope.answerValue = plus_minus(3,2,1); // エラー
}
]
);
[/code]

このように、登録されているサービスを利用するときにfactoryを使う。

[code language=”js”]
angular.module(‘App’,[])
.value(‘plus’, function(a,b){ return a+b; })
.value(‘minus’, function(a,b){ return a-b; })
.factory(‘plus_minus’, ["plus","minus",function(plus, minus){ // ここで明示的に参照
return function(a,b,c){
return minus(plus(a,b),c);
};
}])
.controller(‘Ctrl’,
["$scope", "plus_minus",
function($scope, plus_minus){
$scope.answer = plus_minus(3,2,1); // 4
}
]
);
[/code]

次回は factoryとserviceの違いを考える。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

【小ネタ】JSで要素の組み合わせを列挙する

下記のような、キーの数や要素数が可変のデータの組み合わせを、列挙するjavascriptコードです。 pythonにはitertoolなどの順列・組み合わせ計算を行う定番ライブラリがあるようです。 やっている事ですが、イメージとしては組み合わせを数列に置き換えています。 1桁目が2進数、3桁目が3進 …

TypeScriptについてまとめてみた

はじめに JavaScript がとりあえずそのまま動くので、雰囲気で使ってしまいがちな TypeScript。初心者向けに基本的なことをまとめてみました。 TypeScript って何? TypeScript はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で、オープンソースでメンテナンスされています …

【未経験からのRuby on Rails – 第2回】Rubyのプログラムを書いてみる(Mac)

こんにちは。新卒1年目のmatsuariです。 前回はRubyとは何か、簡単にご紹介をしましたが、 今回は実際にRubyファイルを作成して、プログラムを書いてみるところまでご紹介していけたらと思います。 Mac環境のプログラミング初心者向けです。 はじめに、Rubyのプログラムを書くためのファイルを …

読み方がわからない技術用語 2015

英語圏での読み方を基本的には参考にしています。英語圏でも複数の読み方をしているケースもあるようなので、あくまでも参考程度。2015と書きながら、古い言葉も混じってますが。 async – えーしんく Alt – おると ASUS – えいすーす bower &#8 …

Qiita Team API と Google Spread Sheet でチーム日報を生成する

チーム日報を活用する MarketOne 開発チームでは複数拠点に分かれての開発を行っています。リモート開発が中心となると口頭でのコミュニケーションに限界があるため、テキストベースのコミュニケーションの比重が高い状態にあります。 チケットシステムやソースコード管理ツール上の議論はもちろんおこなってい …

SDKってどうやって作ってるの?【Android編】

こんにちは。4度目の投稿です。 現在私はAndroidのSDKを開発しています。 javaにもAndroidにもSDKにも手を出したのは初めてなので、最初はそもそもSDKのイメージが湧かず、ふわふわした状態で始めました。 SDKと調べても「あるソフトウェアを開発するために必要なプログラムや文書などを …

Scala入門 基礎編「Scalaの書き方を理解しよう」 – PHP使いからScala使いへ転身!

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 さて、今回はScala入門第二弾として、Scalaの書き方を紹介する基礎編をお送りしま …

iOS端末情報をTreasureDataに送るアプリをswiftで作ってみた。

はじめまして、2年目のOyamanです。 通常業務とは別のことになりますが、Swiftに触れる機会が少しあったので、スマホ関連の記事を書かせていただきます。 はじめに SwiftとTreasureDataのSDKを使って、 iOSの端末情報をTreasureDataへ送るアプリを作ってみます。 今回 …

Scala番外編「Boxに保存したファイルをBox APIを使ってダウンロードしよう!」

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 Box APIを使う背景・目的 DACはメディアレップです メディアレップとは、インタ …

ナイーブベイズで羽生さんと羽生くんを分類してみた

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 機械学習についての理解を促進するため、 データから分類モデルを自動で構築する古典的な方法である、 ナイーブベイズ分類器を実装してみました。 最近はCloudVisionAPIなど専ら画像解析が流行っていますが、 自分のような初学者には敷居が高そうだっ …