Ad Tech Conference~海外アドテク系カンファレンスに行ってきた~

     - アドテクノロジー  


こんにちは、田畑です。

 

前回のエントリから早一か月、どのように書こうかなぁと考えているうちに時間が経ってしまいました。前回はそもそも自分の部署が何をしているのかといったところを書いたので、今回は実際に情報収集の場として利用している各種カンファレンスの様子について書いてみました。

 

直近ですと昨年の11月にNYで下記3つのイベントに参加してきました。

IAB Ad Operations Summit:IAB主催のイベント。オペレーション上の課題に焦点を当てた媒体社向けのイベント。スタンダードなカンファレンス。業界団体であるだけに、比較的堅めの雰囲気。ケーススタディの内容紹介→業界基準の方向性の打ち出し、啓蒙といったトピックが多いです。
IAB

 

ATS NY:イギリス系媒体社であるExchangeWireが主催。自社で媒体を運営しており、代理店やテックベンダーとも依存していないためインタビューアーがぐいぐい質問をしてくる。ぶっちゃけた話が出たりするのはここだったりします。
EWJ

 

AppNexus Summit:AppNexus主催のイベント。大手TDやベンダーを中心に200名ほどが参加。基本的には自社製品の紹介やケーススタディが多いのだが、イベントとして楽しめる方向性にあり、今回はNikeのSwooshをデザインしたらしいラッパーTalib Kweliによるショーや、吉本新喜劇風のセッションなどを実施。
APPN

 

これらのイベントですが、大体チケットが1つ10万円強と非常にお高め。
おおまかなスケジュール感で言うと、

8:30~   開場・朝食
9:30~12:00 セッション
12:00~13:00 昼食
13:00~15:00 セッション
15:00~15:30 休憩
15:30~18:00 セッション
18:00~   ネットワーキングパーティー

一日がかりのイベントだったりするため、3食+お土産付きです。IABのイベントではランチにコース料理が出たりしました。美味しいかどうかは。。。

 

上記イベントを通じ、今回は以下の3つのトピックがよく上がっていました。
① Fraud:機械的なプログラム「ボット」により不正なView、クリック、サイト訪問などを生成、一定の利益を得ている。これらの不正在庫により、媒体社の在庫価値を下げることにつながっている。

② Viewability:上記Fraud対策の1つとして、Viewability(Viewable Impression)の普及を推進。ブラウザやタブ上にて実際に広告が人の目に止まる位置で表示されたかどうかによって広告効果の計測を行う。

③ Programmatic Direct:媒体社の予約型在庫をプラットフォームを介し、直接買い付けを行うモデル。媒体側のアドサーバーと連携することで、UI上から直接メディアプランを策定・実行することが可能。IABが2014年11月3日にプログラマティックダイレクトのバイイングにおける標準API「Open Direct 1.0」の仕様を公開。

 

アメリカではかなりFraud問題が深刻化しており、全体の取引量のうちディスプレイ広告のうち10%前後、単価が高いゆえに標的になりやすい動画広告では15%前後がFraud在庫とされています。
キャプチャキャプチャ2

 

 

 

 

 

実際に今回の訪問でIABによる「Anti-Fraud Working Group」の紹介や、AppNexusではアメリカのアドベリフィケーション企業の大手Integral AdScienceとDoubleVerifyの両社を採用を決定。これらの技術によりFraud判定をされた在庫に関しては課金を行わない仕組みを提供するとの発表を行っていました。
IAB2Appnexfraud

 

 

 

 

このあたりは今後大きなトピックになりそうです。
今回はとりあえずこの辺で。

 

 

おまけ
最初の方にお土産がもらえるとの話を書きましたが、意外と良い物をもらえたりもします。最近は自撮り棒なんかもよく見ますが、個人的にもらってうれしかったノベルティBEST3

第3位:Adap.TVの靴下
履き過ぎて穴が開いてた。。。
socks

 

 

 

 

 

 

 

第2位:eBayのアダプター
iPodやAndroidが1つで充電できるので便利!
charger

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位:AppNexusのモバイルバッテリー
普通にamazonで検索したら7~8,000円するものでした。
charger2

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。


DACエンジニア採用情報

  関連記事

surveillance
オトナの常識、消費者プライバシー保護(前編)

どうも、広告技術研究室のダーハラです。    何やってる人? 広告技術研究室の業務は多岐に渡るのですが、僕の仕事は海外のアドテクノロジーの動向や関連する技術環境の変化を調べて、経営陣や開発部隊にフィードバックするといったことを主な業務としています。 とてもやり甲斐のある仕事なのですが、仕事 …

IMASDK
Google IMA SDK で動画アプリに広告を入れてみた〜iOS編〜

新卒のjotakaです。 スマホアプリに動画広告を出すためのSDKを導入してみたいと思います。 ここでのSDKはアプリへ簡単に機能追加するためのframeworkやlibraryと言う方がわかりやすいかもしれません。 アプリ開発者が動画広告用のSDKを使用するメリットとして、例えば動画広告の仕様であ …

no image
【動画広告】VASTって何?

こんにちは、FlexOne推進部の近江です。 私は新卒入社2年目でアドサーバーや動画ソリューション(OVP)のサポート、開発を担当しています。 今回は動画広告のプロトコル「VAST」について書かせて頂きます。   ここ数年動画のくるくる詐欺がありましたが、昨年はHulu、ユーチューバー、見 …

videojs
video.jsを使ったインバナー動画広告のHTMLタグを作ってみた

こんにちは、プラットフォームワンのyamakenです。久しぶりの投稿です。 今回は、 インバナー動画広告 のHTMLタグを作ってみます。 「今年は動画広告元年!」という声が私の入社以来毎年聞こえており、私の担当するMarketOneDSPでも年始にインストリーム動画RTB対応をリリースするなど、市場 …

6914441342_605f947885
Treasure Dataの新機能(Data Tank)をAudienceOneのレポート機能で利用した話

Data Tankとは? Treasure Dataの新機能でTreasure Dataのプラットフォーム上に構築されたデータマートです。 Tableau等のBIツールとの接続を想定されており、AWSでいうところのRedshift的なものだと考えるとわかりやすいかと。 Data TankはPostg …

プログラミング
ES5とES6でアドタグを作ってみた

はじめに アドテク問題(広告表示編)のQ7を元にネイティブ広告を表示するアドタグをES5とES6で作ってみました。 処理の流れ 大きな処理の流れは以下の通り 広告要素取得処理 サーバからタイトル/説明文/画像URLの取得を行う フォーマット処理 取得した要素を表示するページに最適化した形にフォーマッ …

playlist
解説、VMAP!

どうも動画といえば僕です。Rhiannonです。 前回、前々回と動画ファイル自体についての記事を書きましたが、今回はVMAPについて解説しようと思います。 VMAPって聞いた事あるけど仕様書が英語だし読むの大変だと思っていた方の理解の一助になれば幸いです。   VMAPとはなんぞや? VM …

appnexus
「Ad Tech Power Game」

こんにちは、テクノロジー戦略部の田畑です。 はじめに。 この「アドテクゑびす界」ですが、DAC公式のエンジニアブログです。他の方も色々と技術的なことを書いていますが僕エンジニアでもなんでもありません。コード書けませんし、読めません。 ではなぜそんなやつがここでブログを書いているのか?会社の公式ブログ …

no image
SafeFrameでリッチ広告をセキュアに実現

アドサーバ(広告配信サーバ)は、通常iframeで広告のクリエイティブを配信している。(JS配信とかに対応しているアドサーバもある) 通常のセキュリティだとiframeの中身(srcで実際に表示されている側)がiframeを操作する事はできない。つまりexpandなどのリッチ広告、特に表示領域を変更 …

SCA_and_Discovery_after_return_to_flight,_2005
【DMP】ピギーバックってなに

アドテクに関わる方であれば、よく耳にするであろう「ピギーバック」をシンプルに説明してみようと思います。 「piggyback/ピギーバック」は 「おんぶ」「背負う」に当たる言葉です。 アドテクでピギーバックというと、タグのピギーバックのことを指すことが多いように思います。 タグは、サイトに導入する小 …