SafeFrameでリッチ広告をセキュアに実現


アドサーバ(広告配信サーバ)は、通常iframeで広告のクリエイティブを配信している。(JS配信とかに対応しているアドサーバもある)

通常のセキュリティだとiframeの中身(srcで実際に表示されている側)がiframeを操作する事はできない。つまりexpandなどのリッチ広告、特に表示領域を変更(特に拡大)する場合に問題となる。

このような問題を、セキュアに解決するために、IABが提唱したのがSafeFrameという規格だ。GoogleのDFPにも採用されている。

基本準備

下記のページに必要なソース群があるので、まずはそれをダウンロードする。

SafeFrame Download Files

src以下のファイルを下記のようにsafeframe/1.1.0というフォルダに格納する。

untitled_—_safeframe.png

r.htmlはrender用のHTMLだが、特に修正する必要は無いので、そのまま使う事をお勧めする。このフォルダへのアクセスを仮にhttp://path.to.cdn/safeframeとする。

呼び出し側(Host)のコード

呼び出し側(iframeを書くページ側)を Host と呼ぶ。
Host側HTMLのiframeを期待する場所に次のようなコードが入る。

[html]
<div id="leaderboard"></div>
<script type=’text/x-safeframe’>
{
"id" : "leaderboard_src",
"src" : "../../src/sample.js",
"conf" :
{
"size" : "728×90",
"dest": "leaderboard",
"supports" : {
"exp-push" : "1"
}
}
}
</script>
[/html]

コード中の../../src/sample.js広告のクリエイティブとなる。詳細は後述。相対パスで書く場合は、先ほどの r.htmlからの相対 になるので注意。confの中のexp-pushは、iframeexpandした際に、コンテンツをpushする事を明示的に許可している。(デフォルトではexp-pushfalse

ドキュメントの最後の方に、必要なJSを読み込んだり、HOST側の設定をするコードを書く。

[html]
<script src="http://path.to.cdn/safeframe/1.1.0/js/lib/base.js"></script>
<script src="http://path.to.cdn/safeframe/1.1.0/js/host/host.js"></script>
<script src="http://path.to.cdn/safeframe/1.1.0/js/lib/boot.js"></script>
<script type="text/javascript">
(function() {
var conf = new $sf.host.Config({
renderFile: "http://path.to.cdn/safeframe/1.1.0/html/r.html"
});
})();
</script>
[/html]

広告クリエイティブ(External Party側)の実装

広告クリエイティブを表示するsample.jsと、そこで使うcsssample.cssを次の位置に格納する。今回は便宜上、レンダーファイルなどと同じホストに置いたが r.htmlやhost.jsなどとは別のホスト(ドメイン)でも構わない。

sample_js_—_safeframe.png

このクリエイティブ中では、次の3つを行っている。

  • inviewのパーセンテージを表示
  • expand(overlay)する
  • expand (pushdown) する

ソース全体は最後に書いてる。大事な所だけ抜粋。基本的に$sf.extオブジェクトにアクセルする事で制御等を行う。

Inviewのパーセンテージを表示には$sf.ext.inViewPercentage()を利用。

[javascript]
(function(){
window.setInterval(function(){
var totalViewable = $sf.ext.inViewPercentage();
var elem = document.getElementById("inview");
elem.innerHTML = "Viewable: " + totalViewable + "%";
}, 50);
})();
[/javascript]

Expandには$sf.ext.expand()を利用。

[javascript]
overlay.addEventListener("click", function(){
$sf.ext.expand({b:100,push:false}); // Pushしない
}, false);

pushdown.addEventListener("click", function(){
$sf.ext.expand({b:100,push:true}); // Pushする
}, false);
[/javascript]

詳しいAPIドキュメントは、先ほどダウンロードしたファイルの中にある。今回は External

ソースコード

ちなみに、動作はChromeでしか確認してない。

sample.js

[javascript]
var css = document.createElement("link");
css.setAttribute("rel", "stylesheet");
css.setAttribute("type", "text/css");
css.setAttribute("href", "../../src/sample.css");
document.body.appendChild(css);

var bg = document.createElement("div");
bg.setAttribute("id", "bg");
document.body.appendChild(bg);

var inview = document.createElement("div");
inview.setAttribute("id", "inview");
inview.setAttribute("class", "btn");
bg.appendChild(inview);

var overlay = document.createElement("div");
overlay.setAttribute("id", "overlay");
overlay.setAttribute("class", "btn");
overlay.innerHTML = "OVERLAY";
overlay.addEventListener("click", function(){
$sf.ext.expand({b:100,push:false});
}, false);
bg.appendChild(overlay);

var pushdown = document.createElement("div");
pushdown.setAttribute("id", "pushdown");
pushdown.setAttribute("class", "btn");
pushdown.innerHTML = "PUSHDOWN";
pushdown.addEventListener("click", function(){
$sf.ext.expand({b:100,push:true});
}, false);
bg.appendChild(pushdown);

var collapse = document.createElement("div");
collapse.setAttribute("id", "collapse");
collapse.setAttribute("class", "btn");
collapse.addEventListener("click", function(){
$sf.ext.collapse();
}, false);
collapse.innerHTML = "COLLAPSE";
bg.appendChild(collapse);

$sf.ext.register(300, 250, function(status,data){});

(function(){
window.setInterval(function(){
var totalViewable = $sf.ext.inViewPercentage();
var elem = document.getElementById("inview");
elem.innerHTML = "Viewable: " + totalViewable + "%";
}, 50);
})();
[/javascript]

sample.css

[css]
* {
margin: 0;
padding: 0;
}

div#bg {
background-color: #999;
height: 190px;
}

div.btn {
background-color: #eee;
width: 100px;
height: 20px;
position: absolute;
font-size: 8pt;
line-height: 20px;
text-align: center;
vertical-align: middle;
cursor: pointer;
}

div#inview {
top: 10px;
left: 10px;
}

div#overlay {
top: 60px;
left: 10px;
}

div#pushdown {
top: 60px;
left: 120px;
}

div#collapse {
top: 160px;
left: 10px;
}
[/css]


DACエンジニア採用情報

  関連記事

オトナの常識、消費者プライバシー保護(前編)

どうも、広告技術研究室のダーハラです。    何やってる人? 広告技術研究室の業務は多岐に渡るのですが、僕の仕事は海外のアドテクノロジーの動向や関連する技術環境の変化を調べて、経営陣や開発部隊にフィードバックするといったことを主な業務としています。 とてもやり甲斐のある仕事なのですが、仕事 …

ゼロからAngularでSPAを作ってみた(1) はじめてのアプリ編

はじめに Single Page Application (SPA)って知っていますか? Webサイトでコンテンツのリンクをクリックした時に妙に表示が早いな〜というとき、実はページを移動するのではなくてページの一部のみを書き換えていたりします。 こういったサイトの作り方を Single Page A …

video.jsを使ったインバナー動画広告のHTMLタグを作ってみた

こんにちは、プラットフォームワンのyamakenです。久しぶりの投稿です。 今回は、 インバナー動画広告 のHTMLタグを作ってみます。 「今年は動画広告元年!」という声が私の入社以来毎年聞こえており、私の担当するMarketOneDSPでも年始にインストリーム動画RTB対応をリリースするなど、市場 …

「Ad Tech Power Game」

こんにちは、テクノロジー戦略部の田畑です。 はじめに。 この「アドテクゑびす界」ですが、DAC公式のエンジニアブログです。他の方も色々と技術的なことを書いていますが僕エンジニアでもなんでもありません。コード書けませんし、読めません。 ではなぜそんなやつがここでブログを書いているのか?会社の公式ブログ …

Ad Tech Conference~海外アドテク系カンファレンスに行ってきた②~

はい、テクノロジー戦略部の田畑です。 アドテク系イベントに行ってきた②ということで、前回書ききれなかったところを書きます。   ~前回のおさらい~ 1.11月にNYのアドテク系イベント3つに行ってみた。 2.Fraud、Viewability、Programatic Directがキーワー …

no image
【動画広告】VASTって何?

こんにちは、FlexOne推進部の近江です。 私は新卒入社2年目でアドサーバーや動画ソリューション(OVP)のサポート、開発を担当しています。 今回は動画広告のプロトコル「VAST」について書かせて頂きます。   ここ数年動画のくるくる詐欺がありましたが、昨年はHulu、ユーチューバー、見 …

ゼロからAngularでSPAを作ってみた(2) デプロイ・公開編

前回のおさらいと今回やること 前回(はじめてのアプリ編)では、Angular で簡単なチャットアプリを作るところまでやりました。ディレクトリ構成については説明できていなかったのですが、次のようになっています。(主なディレクトリとファイルのみ抜粋) + dist (ビルド・コンパイル後のファイルのディ …

解説、VMAP!

どうも動画といえば僕です。Rhiannonです。 前回、前々回と動画ファイル自体についての記事を書きましたが、今回はVMAPについて解説しようと思います。 VMAPって聞いた事あるけど仕様書が英語だし読むの大変だと思っていた方の理解の一助になれば幸いです。   VMAPとはなんぞや? VM …

ゼロからAngularでSPAを作ってみた(3) CI: 継続的インテグレーション編

前回までのおさらいと今回やること 前々回(はじめてのアプリ編)と前回(デプロイ・公開編)で、作成した Angular のチャットアプリを Web に公開するところまでいきました。 でも、デプロイするのに、毎回決まったコマンドを打つのって面倒ですよね。 今回は GitHub でソースコードを管理して、 …

【DMP】IDのハッシュってなに

アドテクに関わる方であれば、よく耳にするであろう「ハッシュ」をシンプルに説明してみようと思います。 とはいえ「ハッシュ」は広いので、ここでは「IDのハッシュ」に焦点を当てます。 「ハッシュ/hash(動詞)」はそもそも「細切れにする」というような意味を持ちます。(名詞だと「細切れのもの」) ハッシュ …