Polymer core-ajax の使い方

     - プログラム言語  


Polymerのcore-ajaxの使い方。

まずは、index.html

[code language=”html” title=”index.html”]
<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<script src="./bower_components/webcomponentsjs/webcomponents.js"></script>
<link rel="import" href="my-topics.html">
</head>
<body fullbleed vertical layout unresolved>
<my-topics></my-topics>
</body>
</html>
[/code]

my-topicsというCustom Elementに実際の処理を書く。JSONで、とあるサーバからデータを取得する、という想定。本当はJSONPで取りたかったんだけど、それは次回までの課題で…

[code language=”html” title=”my-topics.html”]
<polymer-element name="my-topics" attributes="">
<link rel="import" href="bower_components/core-ajax/core-ajax.html">
<template>
<core-ajax auto url="http://url.to.api/"
handleAs="json"
on-core-response="{{handleResponse}}"></core-ajax>
<table id="topics">
<tr template repeat="{{topic in topics}}">
<td><a href="{{topic.uri}}">{{topic.title}}</a></td>
</tr>
</table>
</template>
<script>
Polymer(‘my-topics’,{
handleResponse: function(ev,res){
this.topics = res.response;
}
});
</script>
</polymer-element>
[/code]

core-ajaxon-core-responseは、ajaxで取得でき時に呼ばれ関数を指定する。実際のレスポンスは、指定した関数の第2引数に格納される。実際の第1引数(ev)と第2引数(res)には次のような値が入る。

[code language=”javascript”]
>ev
CustomEvent {detail: Object, clipboardData: undefined, path: NodeList[12], cancelBubble: false, returnValue: true…}

>res
Object {response: Array[398], xhr: XMLHttpRequest}
[/code]


DACエンジニア採用情報

  関連記事

GoogleスプレッドシートからTreasureDataへデータを取り込む

AudienceOneの開発を担当しています。skryoです。 またまたTreasureDataネタですが、今回はGoogleスプレッドシートからGoogleAppsScriptを使ってTreasureDataへデータを取り込む手順を紹介したいと思います。 なぜ? Googleスプレッドシート上でマ …

no image
Polymer on Rails

Web Componentsをご存知だろうか。これが普及すればWebの開発は画期的に変わるだろう。 説明すると長くなるので、LIGさんのにその辺はお任せして。(この記事読んでください。) 簡単に言えば、下記にあるような新たに提案されたブラウザ向けAPIの総称。 Custom Elements, 説明 …

no image
【小ネタ】Javascriptのconsoleオブジェクトをもっと便利に使う方法

すごく便利なconsoleオブジェクトですが、ブラウザによってサポートされているメソッドが なかったり、そもそもconsoleオブジェクトが使えなかったりと、たまに不便だったりします。 そんなときによく使う便利なコード。 [code language=”javascript” …

【小ネタ】JSで要素の組み合わせを列挙する

下記のような、キーの数や要素数が可変のデータの組み合わせを、列挙するjavascriptコードです。 pythonにはitertoolなどの順列・組み合わせ計算を行う定番ライブラリがあるようです。 やっている事ですが、イメージとしては組み合わせを数列に置き換えています。 1桁目が2進数、3桁目が3進 …

Android 非同期処理についてまとめてみた

Androidには、UIに影響を与えないよういくつか非同期処理が用意されています。 今回は非同期処理の代表的な ・Service ・IntentService ・HandlerThread について違いを踏まえながらまとめます! 非同期処理について(http://codezine.jp/articl …

ナイーブベイズで羽生さんと羽生くんを分類してみた

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 機械学習についての理解を促進するため、 データから分類モデルを自動で構築する古典的な方法である、 ナイーブベイズ分類器を実装してみました。 最近はCloudVisionAPIなど専ら画像解析が流行っていますが、 自分のような初学者には敷居が高そうだっ …

iOS端末情報をTreasureDataに送るアプリをswiftで作ってみた。

はじめまして、2年目のOyamanです。 通常業務とは別のことになりますが、Swiftに触れる機会が少しあったので、スマホ関連の記事を書かせていただきます。 はじめに SwiftとTreasureDataのSDKを使って、 iOSの端末情報をTreasureDataへ送るアプリを作ってみます。 今回 …

SDKってどうやって作ってるの?【Android編】

こんにちは。4度目の投稿です。 現在私はAndroidのSDKを開発しています。 javaにもAndroidにもSDKにも手を出したのは初めてなので、最初はそもそもSDKのイメージが湧かず、ふわふわした状態で始めました。 SDKと調べても「あるソフトウェアを開発するために必要なプログラムや文書などを …

【未経験からのRuby on Rails – 第3回】変数と定数

こんにちは。新卒1年目のmatsuariです。 今回はRubyに限らずプログラミングを学ぶ上で非常に重要となる「変数と定数」について、ご紹介していきます。 変数とは・・・ オブジェクトを一時的に格納しておく箱で、オブジェクトを識別するために利用します。 言葉だけでは理解が難しいかと思いますので、まず …

ECMAScript6を使ってみた ~「Promise」編

ECMAScript6とは 一応ちょっとだけ説明しておくと、 ECMAScript(エクマスクリプト)は、Ecma Internationalによって標準化されたスクリプト言語で、バージョン6が2015 年 6 月 17 日に標準仕様として発行されました。(以下、ES6と呼びます) ES6ではcon …