Polymer core-ajax の使い方

     - プログラム言語  


Polymerのcore-ajaxの使い方。

まずは、index.html

[code language=”html” title=”index.html”]
<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<script src="./bower_components/webcomponentsjs/webcomponents.js"></script>
<link rel="import" href="my-topics.html">
</head>
<body fullbleed vertical layout unresolved>
<my-topics></my-topics>
</body>
</html>
[/code]

my-topicsというCustom Elementに実際の処理を書く。JSONで、とあるサーバからデータを取得する、という想定。本当はJSONPで取りたかったんだけど、それは次回までの課題で…

[code language=”html” title=”my-topics.html”]
<polymer-element name="my-topics" attributes="">
<link rel="import" href="bower_components/core-ajax/core-ajax.html">
<template>
<core-ajax auto url="http://url.to.api/"
handleAs="json"
on-core-response="{{handleResponse}}"></core-ajax>
<table id="topics">
<tr template repeat="{{topic in topics}}">
<td><a href="{{topic.uri}}">{{topic.title}}</a></td>
</tr>
</table>
</template>
<script>
Polymer(‘my-topics’,{
handleResponse: function(ev,res){
this.topics = res.response;
}
});
</script>
</polymer-element>
[/code]

core-ajaxon-core-responseは、ajaxで取得でき時に呼ばれ関数を指定する。実際のレスポンスは、指定した関数の第2引数に格納される。実際の第1引数(ev)と第2引数(res)には次のような値が入る。

[code language=”javascript”]
>ev
CustomEvent {detail: Object, clipboardData: undefined, path: NodeList[12], cancelBubble: false, returnValue: true…}

>res
Object {response: Array[398], xhr: XMLHttpRequest}
[/code]


DACエンジニア採用情報

  関連記事

Scala入門 準備編「開発環境構築」 – PHP使いからScala使いへ転身!

  はじめに みなさんこんにちは、今月入社しましたプロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 XmediaOneの開発で採用しているプログラム言語はS …

Bootstrapのモーダル機能で多重表示する際に解決しなければならない2つの問題

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発・保守を担当しています。 エンジニアの皆さん、デザインってどうしてます? わたくしはプライベートでとあるW …

Scala入門 基礎編「Scalaの書き方を理解しよう」 – PHP使いからScala使いへ転身!

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 さて、今回はScala入門第二弾として、Scalaの書き方を紹介する基礎編をお送りしま …

Railsたった14行でアドサーバーAPIができた話

こんにちは。駆け出しエンジニアの近江です。 最近Railsにハマっているので、私が2年間担当しているアドサーバの、簡易版をRailsで作ってみました。 広告やキャンペーンを登録する管理画面はある前提で、ここからたった14行追加するだけでアドサーバーのHTTP APIを作りたいと思います。ついでに配信 …

ディープラーニングで「顔が似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbot」を構築

概要 こんにちは、システム開発部の中村です。 今回は、Facebook Messenger APIを利用して、 画像をアップロードすると、似ているAKB48のメンバーを教えてくれるbotを実装しました。 尚、ディープラーニングやTensorFlowそのものの解説というより、 「エンジンとしてディープ …

GoogleスプレッドシートからTreasureDataへデータを取り込む

AudienceOneの開発を担当しています。skryoです。 またまたTreasureDataネタですが、今回はGoogleスプレッドシートからGoogleAppsScriptを使ってTreasureDataへデータを取り込む手順を紹介したいと思います。 なぜ? Googleスプレッドシート上でマ …

Qiita Team API と Google Spread Sheet でチーム日報を生成する

チーム日報を活用する MarketOne 開発チームでは複数拠点に分かれての開発を行っています。リモート開発が中心となると口頭でのコミュニケーションに限界があるため、テキストベースのコミュニケーションの比重が高い状態にあります。 チケットシステムやソースコード管理ツール上の議論はもちろんおこなってい …

初心者がRailsで開発 – deviseでユーザー認証設定 –

こんにちは、2年目のYukaです。 開発部所属でありながら実は、、 実際に自分で手を動かして開発する機会がなかなかありませんでした。。 しかしついに、、、 開発初心者がRailsでWebアプリの開発に挑戦します!! 今回のゴールは社内でも使用しているGoogleアカウントで簡単にログインができるよう …

D3.jsとその活用事例について

D3.jsとは? D3とは「Data Driven Document」の略で、データに基づいてドキュメントを操作するための JavaScript ライブラリです。 ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとだけD3.jsの基本的な使い方、そして弊社プラットフォームでの利用についてご紹介したいと思います。 …

Selenium × PHP でテスト自動化!【環境構築編】

はじめに みなさんこんにちは、プロダクト開発本部の亀梨です。 普段はXmediaOneというメディアプランニング・広告運用管理・トラッキング・マーケティング分析を行う 統合プラットフォームの開発を担当しています。 テスト自動化の背景 わたくしが担当するXmediaOneでは品質担保のために①コードベ …