いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」

     - ビッグデータ, マーケティング  


こんにちは。
ビッグデータ解析部のakiです。

解析部で、Markezineでの連載をはじめましたのでご紹介です。

いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」、ビッグデータ活用の課題とこれから
(http://markezine.jp/article/detail/21293)

マーケターのかた向けに、今後のビッグデータ活用についてデータサイエンティストの立場から説明していく連載です。
上記では第1回目として把握しておくべきビッグデータ活用の現状と課題、今後目指すべき方向性を紹介しています。

第1回の概要としては以下のような流れ。

■まずビッグデータ活用の現状把握

  • 「いまビッグデータの活用はどのくらい進んでいるのか。」
  • 「レベルでいうと、一般的にどのくらいなのか。」
  • 「そして今のレベルには、どんな課題があるのだろうか。」

ということを簡単に整理しています。

■アナリティクスアプローチ

そしてこれから。

  • 「次のレベルは、どんな状態なのか。」
  • 「いまのレベルから、次のレベルにステップアップするには。」

といったことについて解析部の考えを説明しています。

■すごくサマリ

いいたいことは、
従来のヒューリスティックなデータ活用も大事だけど、ちょっと視点の違う方法論としてアナリティクス・アプローチも今後ますます重要ですよね。
ということです。

これまでも多くの企業でそういう研究や取り組みはされてきているし、よく記事などでも拝見しますが、それが本格化していく環境が整いつつあると思います。

■本格化のきざしは、例えばここに見える

まず、インフラの発達。
解析基盤、ネットワーク、クラウドストレージなど。
「技術的には可能なんだけど、やりたいんだけど、インフラコストが…」といった事が急速に解消されつつあります。

次に、活用事例。
活用事例が増えてくると活用イメージが持てるようになって、トライしてみる企業が加速的に増加していきます。
イノベーター理論でいうと、アーリーアダプターに相当する企業がこれまでかなりトライを重ねてきて、アーリーマジョリティがいま積極的に検討を始めている。
そんな段階に入ってるな、と感じています。

そして、やらなければ負けるビジネス環境。
自社はどんな価値を市場や顧客に提供するのか、という大上段の差別化がもちろん企業としては存在意義を問われるところですけれど、それとは別の次元で、活用できる資産をちゃんと活用する。持っているデータや入手できるデータをちゃんと使いこなす。
というところでの戦いも激化している中で、遅れをとればナレッジが得られるのが遅れる、ノウハウの蓄積が遅れる。
提供したい価値を市場や顧客により良く届けるために、いまデータに取り組むべき段階になってきています。

こんな要素が織り重なって、いまがまさに、劇的にビッグデータ活用が進んでいくパラダイムシフトのときだと感じます。
ビッグデータ解析部としても、我々がそのリーダーシップをとっていくのだという気概でがんばっていきたいと思います。

■おわりに

…ちょっと固い話になりましたけど。

Markezine連載、月に1回くらいのペースで投稿していきますので、こちらともども、どうぞよろしくおねがいします。

いま必要なのは「アナリティクスアプローチ」、ビッグデータ活用の課題とこれから
(http://markezine.jp/article/detail/21293)

DACエンジニア採用情報

  関連記事

【超入門】Hivemallで機械学習 〜Treasure Dataでロジスティック回帰編〜

こんにちは。俺やで。 ビッグデータとかデータサイエンティストとかいう言葉が未だブームですね。 (「データサイエンティスト」は下火か。) ビッグデータ扱えるエンジニアも、 統計解析ができるアナリストも、 どっちもできるスーパーマンも世の中にはたくさんいますが、 ビッグデータも統計解析も扱えるインフラは …

トレジャーデータの新機能「Data Connector」でクライアントレスなビッグデータ連携を実現する

トレジャーデータは、スキーマレスな大量のデータ(ビッグデータ)をパブリッククラウド上に保管して集計や抽出をするためのサービスなのですが、他システムからの連携データをトレジャーデータのテーブルに格納するまでが一苦労でした。 他システムとの外部連携を行う場合、一般的にローカルサーバー内のストレージを外部 …

D3.jsとその活用事例について

D3.jsとは? D3とは「Data Driven Document」の略で、データに基づいてドキュメントを操作するための JavaScript ライブラリです。 ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとだけD3.jsの基本的な使い方、そして弊社プラットフォームでの利用についてご紹介したいと思います。 …

HyperLoglogでcount distinctを速くする

こんにちは。俺やで。 HyperLoglogについて書きます。おもしろいです。名前が。 ■1. HyperLoglogとは? count distinctを速くするアルゴリズム 以前、Minhashについて書きました。 (Treasure Dataさんのブログにも載せていただきました。ありがとうござ …

Google BigQuery / Tableauを使ってみた

TableauからGoogle BigQueryへ接続してみました。 弊社で利用しているTreasureDataからデータ出力してBigQueryへロード、Tableauから接続まで実際に行った手順について記載します。 TreasureDataからAmazonS3へデータ出力 まず、データが蓄積され …

Treasure Dataで大規模なマスタデータを扱う際にはtimeカラムインデックスを活用しよう

DACではTreasure Dataを利用して各種データの蓄積や集計を行っています。Treasure Dataは時系列のデータを扱うのに特にすぐれたアーキテクチャなのですが、セグメントIDとユーザーIDの組み合わせといった大量のマスタデータを利用した計算にも利用することもできます。そのような場合にt …

PyStanによるはじめてのマルコフ連鎖モンテカルロ法

はじめに こんにちは。システム開発部の中村です。 社内で行っている『データ解析のための統計モデリング入門』(所謂緑本)の輪読会に参加した所、 大変わかりやすい本だったものの、Macユーザには悲しい事に実装サンプルがWinBUGSだったため、 9章の一般化線形モデルのベイズ推定によるアプローチをPyt …

Treasure Dataの新機能(Data Tank)をAudienceOneのレポート機能で利用した話

Data Tankとは? Treasure Dataの新機能でTreasure Dataのプラットフォーム上に構築されたデータマートです。 Tableau等のBIツールとの接続を想定されており、AWSでいうところのRedshift的なものだと考えるとわかりやすいかと。 Data TankはPostg …

気象予報士とビッグデータ解析の意外な関係

DACから気象予報士が誕生しました ビッグデータ解析部のMikeです。 2015年1月の気象予報士試験に合格し、めでたく4月からアドテク業界ただ一人(本当?)の気象予報士となりました 。 そんなわけで、今回は気象予報士とビッグデータ解析の関係についてお話したいと思います。 なぜ気象予報士を目指したか …

GoogleAppsScriptとTreasureData REST APIを使ってサーバレスにTwitterのデータを取得

またまたTreasureDataネタです。 ただ、今回はクエリ系のネタではなく、GoogleAppsScriptとTreasureDataのREST APIを使ってTwitterのデータをTreasureDataに入れてみたので、その方法を紹介したいと思います。 はじめに ログデータだけではなく、公 …